「熱風」知られざる名作と社会派映画の巨匠

スポンサーリンク

「熱風」知られざる名作と社会派映画の巨匠

熱風とは。

「熱風」は、1934年に公開された日本映画です。監督は内田吐夢、原作は中野実の同名小説、脚本は吉村操、撮影は相坂操一です。出演者は、小杉勇、高津慶子、島耕二、三桝豊などです。

内田吐夢監督の社会派映画の名作「熱風」とは?

内田吐夢監督の社会派映画の名作「熱風」とは?

内田吐夢監督の社会派映画の名作「熱風」は、1958年に公開された日本映画である。原作は、小島政二郎の同名小説である。映画は、高度経済成長期に起こった社会問題を背景に、労働者階級の生活と闘いを描いている。

映画の主人公は、北九州の鉄鋼工場で働く労働者、大久保新三である。大久保は、工場の合理化によってリストラされ、生活に困窮する。彼は、労働組合を結成して工場の経営陣と闘うが、挫折する。大久保は、妻子を捨て、東京に出て、労働運動に身を投じる。

映画「熱風」は、高度経済成長期に起こった社会問題をリアルに描いた作品として、高く評価されている。映画は、労働者階級の生活と闘いを、克明かつ丁寧に描いている。また、映画は、社会問題に対する鋭い洞察力と、それを表現する力強い映像で、観る者に強い印象を与える。

映画「熱風」は、内田吐夢監督の代表作の一つであり、社会派映画の金字塔的作品である。映画は、公開当時大きな話題となり、多くの観客動員を記録した。また、映画は、芸術的にも高い評価を受け、多くの賞を受賞した。映画「熱風」は、現在でも多くの映画ファンに支持されており、日本の映画史に残る名作として語り継がれている。

中野実原作のリアリズム小説をベースにした社会派映画

中野実原作のリアリズム小説をベースにした社会派映画

中野実原作のリアリズム小説をベースにした社会派映画

「熱風」は、中野実の小説を原作とした社会派映画である。中野実の小説は、社会の矛盾や人間の弱さを鋭く描いたリアリズム文学として知られている。映画「熱風」も、中野実の小説の世界観を忠実に再現し、社会の矛盾や人間の弱さを浮き彫りにしている。

主人公の矢島勇作は、貧しい家庭に生まれ、幼い頃から苦労を重ねてきた。それでも、彼は努力を怠らず、大学を卒業して大手企業に就職する。しかし、矢島勇作は、会社で理不尽な扱いを受け、次第に社会の矛盾に疑問を抱くようになる。そんな矢島勇作の前に、社会運動家の北見が現れる。北見は、矢島勇作に社会運動に参加するよう勧める。矢島勇作は、最初は北見の誘いを断るが、次第に北見の思いに共感するようになり、社会運動に参加する決意をする。

矢島勇作は、社会運動に参加したことで、社会の矛盾をさらに深く知るようになる。そして、矢島勇作は、社会の矛盾をなくすために、自分自身の力を使って戦う決意をする。矢島勇作は、社会運動の仲間たちと協力して、社会の矛盾をなくすための活動を行う。矢島勇作の活動は、次第に社会に大きな影響を与え、社会の矛盾をなくすためのムーブメントへと発展していく。

小杉勇、高津慶子、島耕二らの好演も見どころ

小杉勇、高津慶子、島耕二らの好演も見どころ

小杉勇、高津慶子、島耕二らの好演も見どころ

  主演の田村高廣の激演に目が行きがちだが、「熱風」には脇役陣にも光る演技が多い。たとえば、田村演じる片山達郎の妻、智子を演じた高津慶子だ。当時、高津は20代後半だったが、夫の不倫現場を目撃して号泣するシーンには説得力があった。また、田村演じる片山達郎の上司で、彼に「政治とは何か」を説く政治家・万城目役を演じた小杉勇も存在感があった。また、田村演じる片山達郎の親友、小島健夫役を演じた島耕二も、田村との軽妙な掛け合いが見どころだった。

タイトルとURLをコピーしました