「タイガー・イズ・ヒア」を巡る旅

スポンサーリンク

「タイガー・イズ・ヒア」を巡る旅

Tiger is here.とは。

「Tiger is here.」は、川口晴美が2015年に刊行した詩集です。タイトルの詩を含む、全22篇の作品を収録しています。2016年に第46回高見順賞を受賞しました。

川口晴美の詩集「タイガー・イズ・ヒア」の世界

川口晴美の詩集「タイガー・イズ・ヒア」の世界

川口晴美の詩集「タイガー・イズ・ヒア」は、タイのリゾート地パタヤで起きた殺人事件をきっかけに、詩人がタイの闇に迫っていくという内容の作品です。この詩集は、川口が実際にパタヤを訪れ、事件の関係者や遺族にインタビューをして執筆されました。

「タイガー・イズ・ヒア」は、事件の被害者である日本人女性リナを主人公としています。リナは、パタヤでタイ人男性と恋に落ち、結婚します。しかし、結婚生活は幸せではなく、リナは夫から暴力を受け、ついには殺されてしまいます。

川口は、リナの死の真相を探るために、パタヤを訪れます。そして、事件の関係者や遺族にインタビューをした結果、リナの夫が殺害犯であることが判明します。しかし、夫はすでにタイから逃亡しており、川口は彼を逮捕することができません。

川口は、リナの死を悼み、彼女の魂を慰めるために、パタヤの海に花を流します。そして、タイの闇に迫ったという思いを込めて、「タイガー・イズ・ヒア」を執筆しました。

「タイガー・イズ・ヒア」は、川口晴美の代表作の一つであり、国内外で高く評価されています。この詩集は、タイの闇をリアルに描き出した作品であり、読者に強いインパクトを与えます。

第46回高見順賞受賞作の魅力

第46回高見順賞受賞作の魅力

第46回高見順賞受賞作の「タイガー・イズ・ヒア」は、著者の早川書房の編集部員としての経験を活かし、出版業界を描いた作品であり、その軽妙洒脱な語り口で読者を魅了しています。主人公の入社1年目の新入社員である「私」は、最初は右も左も分からない状態でしたが、次第に仕事の面白さに目覚めていきます。しかし、出版業界は決して華やかな世界ではなく、厳しい現実もたくさんあります。「私」もまた、新人賞受賞者の編集を担当することになったり、雑誌の廃刊に立ち会ったりと、様々な困難に直面します。それでも「私」は決して諦めず、目の前の仕事を一つ一つこなしていきます。

この作品の魅力は、何と言っても主人公「私」のキャラクターにあります。「私」は、真面目で一生懸命な性格ですが、どこか抜けているところも愛嬌があります。また、出版業界に対する熱い思いも伝わってきます。この作品を読んでいると、自分も出版業界で働いてみたいなと思わされるかもしれません。

また、この作品は出版業界の裏側を垣間見ることができるという点でも興味深い作品です。一般的には、出版業界は華やかな世界と思われがちですが、実際には厳しい競争の世界でもあります。この作品では、出版業界の抱える問題点も赤裸々に描かれており、出版業界の現状を知る上でも貴重な作品となっています。

「タイガー・イズ・ヒア」は、出版業界を描いた作品でありながら、決して出版業界関係者だけにしか楽しめない作品ではありません。主人公「私」の成長物語として、誰もが共感できる作品となっています。また、出版業界の裏側を垣間見ることができるという点でも興味深い作品です。ぜひ、多くの方に読んでいただきたい作品です。

詩集に込められたメッセージ

詩集に込められたメッセージ

詩集に込められたメッセージ

「タイガー・イズ・ヒア」の詩集は、社会、政治、文化における女性の役割を探求する作品である。この詩集の詩は、女性が直面する課題や差別を明らかにし、女性の解放とエンパワーメントを訴えます。詩集のタイトルである「タイガー・イズ・ヒア」は、女性の強さと回復力を象徴しており、この詩集のテーマである女性のエンパワーメントを暗示しています。

詩集は、女性の暴力、性的対象化、経済的差別などのさまざまなトピックを扱っています。詩集の詩は、これらの問題が女性の人生に与える影響を描き、女性がこれらの問題を乗り越えていくための強さと回復力を示しています。詩集はまた、女性が社会でより公平な立場を得るために団結し、声を上げることの重要性についても語っています。

「タイガー・イズ・ヒア」の詩集は、女性が直面する課題や差別を明らかにし、女性の解放とエンパワーメントを訴える力強い作品です。この詩集は、女性が社会でより公平な立場を得るために団結し、声を上げることの重要性を示しており、女性のエンパワーメントを推進したい人々にとって必読の書です。

タイトルとURLをコピーしました