「さるのせんせいとへびのかんごふさん」

スポンサーリンク

「さるのせんせいとへびのかんごふさん」

さるのせんせいとへびのかんごふさんとは。

穂高順也と荒井良二が1999年に出版した絵本作品「さるのせんせいとへびのかんごふさん」があります。

あらすじとレビュー

あらすじとレビュー

-あらすじとレビュー-

「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は、さるが先生、へびが看護婦さんとして働く動物病院を舞台にした絵本です。この絵本は、動物たちの日常をユーモアたっぷりに描いています。

ある日、さるのせんせいのもとには、熱を出したライオンの子供がやってきます。さるのせんせいは、ライオンの子供に薬を飲ませ、ベッドで休ませます。しかし、ライオンの子供はなかなか寝つきません。そこで、へびのかんごふさんが歌を歌って聞かせると、ライオンの子供はすぐに眠ってしまいました。

またある日、さるのせんせいのもとには、怪我をした象さんがやってきます。さるのせんせいは、象さんの怪我を治療し、包帯を巻いてあげます。象さんは、さるのせんせいに感謝して、病院を後にします。

「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は、動物たちの優しさや思いやりが描かれた絵本です。この絵本は、子どもたちに動物を大切にすることの大切さを教えてくれます。また、この絵本はユーモアたっぷりなので、子どもたちは楽しみながら読むことができます。

この作品の魅力

この作品の魅力

「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は、薮野直樹氏によって書かれた絵本です。様々な動物たちが登場するこの作品は、そのユニークな登場人物と、心温まるストーリー展開が魅力です。物語の主人公は、さるのせんせいとへびのかんごふさんです。さるのせんせいは、動物たちの学校で先生をしています。一方、へびのかんごふさんは、動物たちの病院で看護師をしています。

この作品の魅力は、なんといってもそのユニークな登場人物です。さるのせんせいは、好奇心旺盛でいたずら好き。一方、へびのかんごふさんは、面倒見がよくて優しい性格をしています。そんな二人が織りなす物語は、子どもたちの興味を惹きつけてやみません。また、この作品には様々な動物が登場します。ライオンやぞう、くまやねこなど、子どもたちが大好きな動物たちがたくさん出てきます。動物たちが学校に通ったり、病院に行ったりする姿は、子どもたちにとってとても新鮮です。

教育現場で活用できる絵本

教育現場で活用できる絵本

「教育現場で活用できる絵本」は、印象的な話と魅力的なキャラクターを通して、子どもたちに重要な教訓を与えることができるため、教育現場で貴重な教材です。「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は、そんな絵本の一つです。この物語は、思いやりの大切さ、助け合いの大切さを教えてくれる、幼稚園から小学校低学年の子どもたちに適した美しいお話です。

この絵本は、ジャングルの動物たちを主人公とした物語です。さるのせんせいは、ジャングルの動物たちのために学校を開いています。ある日、ヘビの看護婦さんが病気になってしまいました。そこで、さるのせんせいは、他の動物たちに助けを求め、ヘビの看護婦さんのために病院を作りました。動物たちは協力して、ヘビの看護婦さんのために病院を作り、ヘビの看護婦さんは無事回復することができました。

この絵本は、子どもたちに思いやりの大切さ、助け合いの大切さを教えてくれます。また、この絵本は、様々な動物たちが登場するため、動物好きな子どもたちに人気の高い絵本です。教育現場では、この絵本を通して、子どもたちに思いやりの大切さ、助け合いの大切さについて考える機会を与えることができます。

タイトルとURLをコピーしました