懐かしの子供番組「発明物語」

スポンサーリンク

懐かしの子供番組「発明物語」

世界発明物語とは。

「世界発明物語」は、1992年にNHKで放送された日本の子供向け教養番組です。

なぜもう放送されてないの?

なぜもう放送されてないの?

懐かしの子供番組「発明物語」

発明物語は、1968年から1972年までNHK総合テレビで放送された子供向け番組です。発明家・竹内淳一氏が様々な発明品を紹介する番組で、当時の子どもたちに大きな人気を博しました。しかし、1972年に放送終了して以来、再放送されることもなく、現在ではほとんど知られていません。

なぜ発明物語は放送されなくなったのでしょうか?その理由は、番組の制作費が高額だったこと、番組の趣旨が時代遅れになってしまったことが考えられます。発明物語は、毎回様々な発明品を紹介する番組でしたが、その発明品の多くは現在では当たり前のものとなっています。そのため、番組の趣旨が時代遅れになってしまい、子どもたちの興味を引くことができなくなったと考えられます。

発明物語にまつわるエピソード

発明物語にまつわるエピソード

発明物語にまつわるエピソード

発明物語は、1968年から1972年まで放送された、児童向けの科学番組です。毎回、子どもたちが身近な材料を使って、簡単な工作や実験を行います。番組は、わかりやすい解説と、子どもたちの楽しそうな姿が好評で、高い人気を博しました。

発明物語は、子どもたちに科学の楽しさを伝えるという目的で作られました。番組の監修は、科学者の湯川秀樹氏が行っており、番組の内容は、科学的に正確なものとなっています。また、番組では、子どもたちが自ら考え、工夫して、問題を解決するという姿勢が大切にされていました。

発明物語は、放送開始から50年以上経った今でも、多くの人々に愛されている番組です。番組は、DVD化されており、現在でも販売されています。また、番組の公式ウェブサイトでは、番組の内容を視聴することができます。

発明物語には、数多くのエピソードがあります。その中でも、特に印象的なエピソードの一つに、「石鹸で火を起こす」というものがあります。このエピソードでは、子どもたちが、石鹸と水を使って、火を起こす方法を学びます。子どもたちは、石鹸と水を混ぜて、泡立てます。そして、泡を棒状にして、火種にくっつけます。すると、泡が燃え始め、火がつきます。

このエピソードは、子どもたちに、石鹸が燃える性質を持っていることを教えます。また、子どもたちに、身の回りのもので、火を起こすことができるということを教えます。このエピソードは、子どもたちの好奇心を刺激し、科学の楽しさを伝えるという、番組の目的を達成しています。

発明物語は、子どもたちに科学の楽しさを伝えるという目的を達成した、素晴らしい番組です。番組は、放送開始から50年以上経った今でも、多くの人々に愛されています。

発明物語を通して学んだこと

発明物語を通して学んだこと

発明物語を通して学んだこと

「発明物語」は、1980年代に放送された子ども向け番組です。物語は、不思議な発明品を開発した発明家と、その発明品を使って冒険をする少年少女たちの活躍を描いています。この番組は、発明の楽しさや科学の大切さを子どもたちに伝えるとともに、個性的なキャラクターたちの人間模様も見どころでした。

「発明物語」を通して、子どもたちはさまざまなことを学びました。例えば、発明は失敗の連続であること、諦めずに努力することで夢は叶うこと、科学の知識は日常生活にも応用できることなどです。また、番組には友情や勇気、正義感といった大切なテーマも描かれており、子どもたちの成長に大きな影響を与えました。

「発明物語」は、放送終了から30年以上経過した現在でも、多くの人々に愛されています。それは、この番組が子どもたちに大切なことを教えてくれたからでしょう。発明の楽しさ、科学の大切さ、そして友情の素晴らしさ。これらのことを、子どもたちは「発明物語」を通して学びました。

タイトルとURLをコピーしました