郷愁を誘う日本のポピュラー音楽の定番「哀愁でいと」

スポンサーリンク

郷愁を誘う日本のポピュラー音楽の定番「哀愁でいと」

哀愁でいととは。

「哀愁でいと」は、1980年発売の日本のポピュラーソングであり、歌手・俳優の田原俊彦のデビュー曲です。これは、アメリカの歌手であるレイフ・ギャレットの1978年の楽曲「NEW YORK CITY NIGHTS」を日本語カバーした曲で、日本語詞は小林和子が担当しました。

「哀愁でいと」の誕生とヒット

「哀愁でいと」の誕生とヒット

「哀愁でいと」の誕生とヒット

1973年、日本の音楽シーンに新しい風が吹き始めました。それは、フォークソングやニューミュージックの台頭でした。それまで日本のポピュラー音楽は、演歌や歌謡曲が主流でしたが、フォークソングやニューミュージックは、それまでの音楽とは異なり、若者たちの日常や社会問題を歌った曲が中心でした。そんな中、1974年に発表された1曲が、日本のポピュラー音楽史に大きな影響を与えることになります。それが、五木ひろしが歌う「哀愁でいと」です。

「哀愁でいと」は、五木ひろしの11枚目のシングルとしてリリースされました。作詞は阿久悠、作曲は平尾昌晃という、日本の音楽界を代表する豪華な制作陣が手がけました。この曲は、失恋した男の悲しみと郷愁を歌った曲で、五木ひろしの力強い歌声と、阿久悠の詩情豊かな歌詞、平尾昌晃の美しいメロディーが絶妙にマッチした名曲です。

「哀愁でいと」は、発売されるとすぐに大ヒットしました。オリコンチャートでは、最高位2位を獲得し、100万枚以上のセールスを記録しました。また、この曲は、NHK紅白歌合戦にも出場し、五木ひろしの代表曲として広く知られるようになりました。

「哀愁でいと」のヒットは、日本のポピュラー音楽の大きな転換点となりました。それまで演歌や歌謡曲が主流だった日本の音楽シーンに、フォークソングやニューミュージックという新しいジャンルが台頭し、日本のポピュラー音楽は、より多様化することになりました。また、「哀愁でいと」のヒットは、五木ひろしのキャリアにも大きな影響を与え、五木ひろしの代表曲として長く愛され続けることになりました。

「哀愁でいと」の日本語カバー

「哀愁でいと」の日本語カバー

「哀愁でいと」は、日本のポピュラー音楽の定番として長年愛されてきた楽曲です。その日本語カバーも数多くリリースされており、それぞれが独自の解釈でこの名曲を歌い上げています。

最も有名な日本語カバーの一つは、1966年にリリースされた美空ひばりのバージョンです。美空ひばりの歌唱は、原曲の哀愁をそのままに、さらに日本的な情緒を加えたもので、多くの人々の心に響きました。

また、1972年にリリースされた森進一のバージョンも、多くの人々に支持されました。森進一のバージョンは、原曲の哀愁を踏襲しつつも、より力強い歌唱で、楽曲に新たな魅力を加えました。

ほかにも、五木ひろし、八代亜紀、氷川きよしなど、数多くの歌手が「哀愁でいと」を日本語カバーしています。それぞれが独自の解釈で楽曲を歌い上げているため、聴き比べるのもまた一興です。

「哀愁でいと」の日本語カバーは、日本のポピュラー音楽の歴史を語る上で欠かせない存在です。これからも、多くの人々に愛され続ける楽曲であり続けるでしょう。

「哀愁でいと」の魅力と影響

「哀愁でいと」の魅力と影響

「哀愁でいと」の魅力と影響

「哀愁でいと」は、1972年にリリースされた日本のポピュラー音楽の定番曲です。作詞は阿久悠、作曲は中村泰士、歌唱は美空ひばりによるこの曲は、そのノスタルジックなメロディーと、人生の哀愁を歌った歌詞で、多くの人々に愛されています。

「哀愁でいと」の魅力の一つは、そのメロディーの美しさにあります。中村泰士が作曲したメロディーは、どこか懐かしく、そして切ない雰囲気を醸し出しています。また、歌詞は阿久悠が作詞したもので、人生の哀愁を歌ったものとなっています。この歌詞は、多くの人々の共感を集め、この曲が長く愛され続ける理由の一つとなっています。

「哀愁でいと」は、日本のポピュラー音楽史上、大きな影響を与えた曲でもあります。この曲は、日本の歌謡曲の定番曲として、多くの歌手によってカバーされています。また、この曲のメロディーは、映画やドラマの主題歌として使用されることもあります。このように、「哀愁でいと」は、日本のポピュラー音楽の歴史の中で、重要な位置を占める曲となっています。

タイトルとURLをコピーしました