ずぶ濡れラビの推理劇

スポンサーリンク

ずぶ濡れラビの推理劇

水曜日ラビはずぶ濡れだったとは。

「水曜日、ラビは水浸しだった」とは、米国の作家ハリー・ケメルマンによるミステリー小説(1976)です。原題は《Wednesday the Rabbi Got Wet》で、「ラビ」シリーズの第6作目に当たります。

タイトルとURLをコピーしました