ヴードゥーの悪魔が織りなす不可解な事件

スポンサーリンク

ヴードゥーの悪魔が織りなす不可解な事件

1914/愛とは。

2004年に星組が宝塚大劇場で初演した、谷正純作のレビュー。

米国の作家ジョン・ディクスン・カーのミステリー

米国の作家ジョン・ディクスン・カーのミステリー

米国ミステリーの巨匠、ジョン・ディクスン・カーは、彼の複雑なプロットと意外な展開で知られています。カーは、1930年代から1960年代にかけて活躍し、多くの作品を残しています。中でも有名なのが、「ヴードゥーの悪魔が織りなす不可解な事件」です。この作品は、1935年に発表され、カーの代表作の一つとして知られています。

「ヴードゥーの悪魔が織りなす不可解な事件」は、カリブ海の島を舞台にしたミステリーです。ある日、この島で一人の男が殺害されます。男は、島の住民からヴードゥーの悪魔に殺されたと信じられていましたが、探偵のヘンリー・メリヴェールは、この事件に科学的な解決策を見つけるために派遣されます。メリヴェールは、島の住民から話を聞いたり、現場を調査したりして、事件の真相を突き止めようとします。

しかし、事件は複雑に絡み合い、メリヴェールはなかなか真相にたどり着くことができません。やがて、メリヴェールはある重要な手がかりを発見します。それは、殺害された男が、ヴードゥーの悪魔の像を持っていることです。メリヴェールは、この像が事件の鍵を握っていると確信し、像をさらに詳しく調査します。その結果、メリヴェールは、像の中に隠された秘密を知ることになります。それは、なんと、像の中に小さな銃が仕込まれていたのです。

メリヴェールは、この銃が殺害に使用されたと確信し、事件の真相を解明します。殺害犯は、島の住民の一人であり、彼は、ヴードゥーの悪魔を装って、男を殺害していました。メリヴェールは、犯人を逮捕し、事件を解決します。

原題は《Papa La-Bas》

原題は《Papa La-Bas》

原題は《Papa La-Bas》

ルイジアナを舞台としたこの作品では、ヴードゥー教の悪魔が織りなす不可解な事件が展開する。主人公は、ニューオーリンズの私立探偵ジョン・レイバーン。彼は、裕福なプランターであるデュプレ氏の依頼で、行方不明になった娘のジュリーを捜索することになる。ジュリーは、ヴードゥー教の儀式に参加した後に姿を消しており、レイバーンは調査を進めるうちに、ヴードゥー教の闇の側面に足を踏み入れていく。

レイバーンは、ヴードゥー教の司祭であるパパ・ラ・バを訪ね、ジュリーの行方について尋ねる。パパ・ラ・バは、ジュリーはヴードゥー教の悪魔にさらわれたと告げ、レイバーンに悪魔を倒すための儀式を行うよう指示する。レイバーンは、パパ・ラ・バの指示に従い、儀式を行うが、儀式は失敗に終わる。悪魔は、レイバーンの前に現れ、彼を攻撃する。レイバーンは、悪魔と死闘を繰り広げるが、悪魔は圧倒的に強く、レイバーンは敗北寸前まで追い込まれる。

しかし、その時、ジュリーが姿を現し、悪魔に立ち向かう。ジュリーは、ヴードゥー教の秘術を駆使して悪魔を倒し、レイバーンを救う。レイバーンは、ジュリーに感謝し、二人はニューオーリンズを離れて新しい生活を始める。

不可解な事件に迫る探偵の活躍を描く

不可解な事件に迫る探偵の活躍を描く

ヴードゥーの悪魔が織りなす不可解な事件に、探偵として立ち上がったのは名探偵シャーロック・ホームズだった。ホームズは、容疑者として浮上した謎の女性、マリー・セレスティヌを追う。マリーはヴードゥー教の司祭であり、奇怪な儀式を行い、人々を呪うことで知られていた。ホームズは、マリーの儀式が事件と関連しているのではないかと疑い、彼女を追跡する。

ホームズは、マリーが儀式を行う隠れ家を発見する。そこには、奇怪な人形や呪術の道具などが置かれていた。ホームズは、マリーの儀式を阻止し、事件の真相を突き止めるために、単身で隠れ家に乗り込む。ホームズは、マリーと対決し、彼女が事件に関与していることを明らかにする。マリーは、ホームズの推理に感服し、事件の真相を告白する。

マリーは、事件の被害者であるジョン・スミスに恋をしており、彼を手に入れるためにヴードゥー教の儀式を行ったという。しかし、儀式は失敗に終わり、ジョン・スミスは死亡してしまう。マリーは、自分の罪を償うために、事件の真相を告白したのだ。ホームズは、マリーの告白を聞き、彼女の罪を許す。しかし、マリーは、自分の罪を償うために、自らの命を絶ってしまう。

ホームズは、事件の真相を突き止め、マリーの無念を晴らすことに成功する。しかし、マリーの死は、ホームズの心に深い傷を残すことになる。ホームズは、マリーの死を悼み、彼女が安らかに眠れるように祈る。

タイトルとURLをコピーしました