暴れん坊将軍IIIとは

スポンサーリンク

暴れん坊将軍IIIとは

暴れん坊将軍〈III〉とは。

暴れん坊将軍〈III〉は、1988年1月~1990年9月までテレビ朝日系列で放映された日本のテレビドラマです。全129回。時代劇です。主要キャストに松平健、横内正、北島三郎などが出演しました。10周年記念シリーズであり、町火消しめ組の組頭辰五郎の妻、おさいなどが大幅に入れ替えられました。

出演キャスト

出演キャスト

暴れん坊将軍IIIにおいて、主要な出演キャストは、以下の通りである。

暴れん坊将軍こと徳川吉宗を演じるのは、松平健。前作『暴れん坊将軍II』に引き続き、その豪快な演技と殺陣で、視聴者を魅了した。

吉宗の側室・お美代の方を演じるのは、美保純。本作では、お美代が吉宗の寵愛を受けるようになり、ストーリーに大きく関わるようになった。

吉宗の側近・加納弥太郎を演じるのは、谷幹一。前作に引き続き、本作でも吉宗を支える頼もしい右腕として活躍する。

吉宗のもう一人の側近・青山新三郎を演じるのは、山城新伍。本作では、新三郎が吉宗の命を受けて、様々な任務を遂行する。

吉宗の娘・徳川松姫を演じるのは、松岡由貴。前作に引き続き、本作でも吉宗に愛される可憐な姫君を好演した。

吉宗の弟・徳川宗春を演じるのは、杉良太郎。本作では、宗春が吉宗と対立するようになり、ストーリーに大きな波紋を投じる。

吉宗の宿敵・水野忠邦を演じるのは、西郷輝彦。本作では、忠邦が吉宗を倒すために、様々な策略を巡らす。

ストーリー展開

ストーリー展開

-ストーリー展開-

暴れん坊将軍IIIのストーリー展開は、主人公の徳川吉宗が江戸の町を舞台に、さまざまな事件や問題を解決していくというものです。吉宗は、将軍としての立場を利用して、庶民の暮らしを助け、悪を成敗していきます。また、吉宗の側近である大岡忠相や井坂十郎左衛門らも、吉宗を支え、事件解決に協力します。

暴れん坊将軍IIIのストーリーは、基本的に一話完結型となっています。しかし、中には、複数の回にわたって展開するストーリーもあります。例えば、吉宗が朝廷からの刺客に狙われるという「朝廷騒動編」や、吉宗が江戸城を乗っ取られ、幽閉されるという「江戸城乗っ取り編」などがあります。

暴れん坊将軍IIIのストーリーは、勧善懲悪をテーマとしたものが多いです。吉宗が、悪を成敗し、庶民の暮らしを守るという構図です。しかし、中には、吉宗が難しい決断を迫られるというストーリーもあります。例えば、「人質奪還編」では、吉宗が人質となった姫君を救うために、江戸城を明け渡すことを提案します。

暴れん坊将軍IIIのストーリーは、時代劇ファンだけでなく、幅広い層に人気があります。吉宗の活躍する姿や、勧善懲悪のストーリー展開が、老若男女を問わず楽しめるからです。

人気の秘密

人気の秘密

-人気の秘密-

暴れん坊将軍IIIの人気の秘密は、その痛快なストーリーと魅力的なキャラクターにあると言われている。また、時代劇でありながら現代的な要素を取り入れており、幅広い世代に受け入れられたことも一因である。

暴れん坊将軍IIIのストーリーは、江戸時代を舞台に、将軍吉宗が庶民の暮らしを守るために奔走する姿を描いている。吉宗は、悪代官や悪徳商人たちを成敗し、庶民の困り事を解決していく。その痛快なストーリーは、視聴者をスカッとさせ、人気を博した。

また、暴れん坊将軍IIIには、魅力的なキャラクターが揃っている。吉宗はもちろんのこと、その側近である大岡越前守や遠山左衛門尉、そして敵役の悪代官や悪徳商人たちも、個性豊かに描かれている。これらのキャラクターは、視聴者の共感を得て、人気を博した。

暴れん坊将軍IIIは、時代劇でありながら現代的な要素を取り入れていることも特徴的である。例えば、ドラマの中には、現代の流行を取り入れた音楽やファッションが登場する。また、吉宗が庶民の暮らしを守るために奔走する姿は、現代社会に通じるものがある。こうした現代的な要素を取り入れたことで、暴れん坊将軍IIIは、幅広い世代に受け入れられた。

タイトルとURLをコピーしました