「ここでキスして。」について

スポンサーリンク

「ここでキスして。」について

ここでキスして。とは。

「ここでキスして」は、1999年に発表された椎名林檎による日本のポピュラーソングです。

椎名林檎とは

椎名林檎とは

椎名林檎とは、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー、作曲家、作詞家です。1998年にデビューし、数々のヒット曲を生み出しています。椎名林檎の音楽は、ロック、ポップス、エレクトロニックミュージックなど、様々なジャンルの要素を取り入れた独自のサウンドが特徴です。また、その歌詞は文学的で、時に過激な内容も含んでいます。

椎名林檎は、1978年11月25日に東京都で生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、10代で作詞作曲を始めました。1998年、シングル「ここでキスして。」でデビューし、一躍注目を集めました。その後も、「本能」「ギブス」「罪と罰」などのヒット曲を連発し、日本の音楽シーンを代表するアーティストの地位を確立しました。

椎名林檎は、音楽活動だけでなく、ファッションやアートなど、様々な分野で活躍しています。2003年には、ファッションブランド「Ringo Shiina」を立ち上げ、2009年には、アート作品展「椎名林檎展」を開催しました。また、2013年には、映画「さくらん」で女優デビューを果たしています。

椎名林檎は、その音楽性とファッション性、そしてアートワークで、国内外で高い評価を得ています。日本の音楽シーンを代表するアーティストのひとりとして、今後も活躍が期待されています。

「ここでキスして。」の歌詞

「ここでキスして。」の歌詞

「ここでキスして。」の歌詞は、少女の初恋のときめきや不安、そして恋に落ちていく過程を歌っているラブソングです。歌詞は、少女の視点で書かれており、恋する相手の男の子への思いがストレートに表現されています。

歌詞の冒頭では、少女が恋する男の子に「ここでキスして」とせがんでいる様子が描かれています。少女は、男の子にキスすることで、自分の気持ちを伝えたいと考えているのです。しかし、同時に、初めてのキスに対しての不安も抱いています。

歌詞の中盤では、少女が男の子への恋心が募っていく様子が描かれています。少女は、男の子の笑顔や仕草にドキドキしたり、男の子が他の女の子と親しげにしているのを見て嫉妬したりします。そして、歌詞の終盤では、少女がついに男の子にキスをされ、恋が実る様子が描かれています。

「ここでキスして。」の歌詞は、少女の初恋のときめきや不安、そして恋に落ちていく過程をみずみずしく描き出しており、多くの人から共感を得ています。

社会に与えた影響

社会に与えた影響

「社会に与えた影響」

「ここでキスして。」は、社会に大きな影響を与えました。この映画は、同性愛者の恋愛を主題にした初のハリウッド映画であり、その公開は世界中で大きな注目を集めました。映画は、アメリカ国内では興行収入1億ドルを超える大ヒットとなり、同性愛者の恋愛を肯定的に描いた作品として高く評価されました。また、映画の公開を機に、同性愛者に対する差別や偏見が問題視されるようになり、同性愛者の権利運動がより活発になりました。

「ここでキスして。」は、同性愛者に対する社会の認識を変えるきっかけとなった映画であると言えます。この映画の公開により、同性愛者に対する偏見や差別が減少し、同性愛者の人権がより尊重されるようになりました。また、この映画は、同性愛者の人々に勇気を与え、カミングアウトを促すきっかけとなりました。「ここでキスして。」は、同性愛者の権利運動に大きな貢献をした映画であると言えます。

タイトルとURLをコピーしました