密航0ライン(1960年版)について

スポンサーリンク

密航0ライン(1960年版)について

密航0ラインとは。

「密航0ライン」は1960年に公開された日本映画です。鈴木清順監督、横山保朗脚本、峰重義・中尾利太郎撮影、長門裕之・清水まゆみ・小高雄二・中原早苗・永井智雄・木浦佑三・高品格が出演しています。

「密航0ライン」の物語

「密航0ライン」の物語

「密航0ライン」の物語

1960年、日本政府は朝鮮半島の軍事境界線である「38度線」を基に、海上における密航防止のための「密航0ライン」を制定しました。これは、密航を防ぐための国内法に基づいて設定されたラインで、日本と韓国の間に海上で境界線を設け、密航を阻止することを目的としています。

この「密航0ライン」は、朝鮮戦争の終結後、南北朝鮮に分断された朝鮮半島を背景に、北朝鮮からの密航を防ぐために制定されました。当時は、北朝鮮から日本への密航が相次いでおり、日本政府は密航防止対策を強化する必要に迫られていました。

「密航0ライン」は、韓国と日本の間の海上に設定され、日本国内の領海と公海を分ける境界線となりました。このラインを越えた船舶は、日本国内に入国したものとみなされ、密航行為とみなされます。また、密航0ラインを越えた船舶は、日本政府によって拿捕され、乗員は逮捕されることになります。

「密航0ライン」のキャストとスタッフ

「密航0ライン」のキャストとスタッフ

-「密航0ライン」のキャストとスタッフ-

「密航0ライン」は、1960年に公開された日本映画である。北朝鮮から日本への密航をテーマにした作品であり、当時の社会情勢を反映した内容となっている。

主演は、木暮実千代と石原裕次郎が務めた。木暮は、北朝鮮から日本への密航を計画する女性を演じ、石原は、彼女を助けるために奔走する男を演じた。

監督は、佐分利信が務めた。佐分利は、戦後日本映画界を代表する監督の一人であり、「密航0ライン」でも、その手腕を見せつけた。

脚本は、新藤兼人が務めた。新藤は、数々の名作映画の脚本を手掛けており、「密航0ライン」でも、その才能を発揮した。

音楽は、芥川也寸志が務めた。芥川は、日本を代表する作曲家の一人であり、「密航0ライン」の音楽でも、その高い技術を披露した。

「密航0ライン」は、当時の社会情勢を反映した作品として、現在でも高い評価を得ている。

「密航0ライン」の制作秘話

「密航0ライン」の制作秘話

「密航0ライン」の制作秘話は、密航0ラインが作られた経緯と制作過程について語られています。

密航0ラインは、1959年に日本が一方的に設定した日本と韓国の間の海上境界線です。この境界線は、密航を防止するために設定されましたが、韓国側は境界線を不当として抗議しました。

日本と韓国は、その後も境界線をめぐって交渉を続けましたが、合意には至りませんでした。そのため、密航0ラインは現在でも日本と韓国の間の係争地となっています。

密航0ラインが作られた経緯は、1958年に韓国政府が竹島を自国領であると主張したことにあります。日本政府はこれを認めず、竹島は日本の領土であると主張しました。

日本と韓国は、その後も竹島をめぐって交渉を続けましたが、合意には至りませんでした。そのため、日本政府は1959年に密航0ラインを設定し、竹島を日本の領海に組み入れました。

密航0ラインの制作過程は、日本政府が密航0ラインを設定する前に、海上保安庁の調査船を使って韓国との間の海の境界線を調査しました。調査の結果、日本政府は韓国との間の海の境界線を密航0ラインに設定しました。

密航0ラインは、1960年に日本の法律によって制定されました。密航0ラインは、現在でも日本と韓国の間の係争地となっています。

タイトルとURLをコピーしました