『雨に願いを』について

スポンサーリンク

『雨に願いを』について

雨に願いをとは。

「雨に願いを」は、2012年に発売された日本のポピュラーソングです。歌は、子役でタレントの芦田愛菜が担当しています。作詞・作曲は、松任谷由実です。この曲は、フジテレビ系で放送されたドラマ「ビューティフルレイン」の主題歌に使用されました。

『雨に願いを』の概要

『雨に願いを』の概要

『雨に願いを』は、1952年に公開されたアメリカのミュージカル映画である。ビセンテ・ミネリ監督、フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース主演。

映画は、雨に降られる都会のニューヨークを舞台に、売れない女優と作曲家の恋を描く。タイトルは、劇中で歌われるヒット曲「雨に願いを」に由来する。

『雨に願いを』は、アカデミー賞で11部門にノミネートされ、脚本賞と歌曲賞の2部門で受賞した。また、全米映画協会(AFI)の「アメリカ映画ベスト100」に選出されている。

『雨に願いを』は、ミュージカル映画の古典として現在でも人気が高く、世界中で愛されている。

『雨に願いを』の歌詞

『雨に願いを』の歌詞

「雨に願いを」の歌詞

「雨に願いを」の歌詞は、1939年の映画『オズの魔法使い』のためにハロルド・アーレンとリー・ハーラインによって書かれました。この曲は映画の後半で、ドロシーがオズの国を離れる前にグリンダ善良な魔女に別れを告げるシーンで使用されました。

歌詞は、ドロシーのオズの国での経験を振り返って、感謝の気持ちと希望を表現しています。彼女は、オズの国で出会った友達や、学んだこと、そして成長した自分自身について歌っています。また、歌詞の中には、「いつかまたオズの国に戻ってくる」という希望も込められています。

「雨に願いを」は、映画『オズの魔法使い』の最も有名な曲の一つであり、世界中で愛されています。この曲は、その美しいメロディーと歌詞で、多くの人々に感動を与えてきました。また、この曲は、ハリウッド映画の黄金期を代表する曲としても知られています。

「雨に願いを」は、現在でも多くのミュージカルやコンサートで演奏されています。また、この曲は、数多くの映画やテレビ番組で使用されてきました。この曲は、世代を超えて愛される名曲として、これからも人々に親しまれ続けるでしょう。

『雨に願いを』の反響

『雨に願いを』の反響

『雨に願いを』の反響

『雨に願いを』は公開以来、世界中で大ヒットし、絶賛され続けている。その人気の理由は、様々な点にある。まず、ストーリーがシンプルでわかりやすく、誰もが共感できる内容であることが挙げられる。また、音楽が素晴らしく、特に「虹の彼方に」は世界中で歌われている名曲である。さらに、キャストの演技が素晴らしいことも人気の理由のひとつである。ジュディ・ガーランド演じるドロシーは、明るく元気でチャーミングなキャラクターで、誰もが彼女を愛している。また、レイ・ボルガー演じるかかし、ジャック・ヘイリー演じるブリキ男、バート・ラー演じる臆病なライオンの3人も、それぞれ個性的なキャラクターで、映画を盛り上げている。

『雨に願いを』は、世界中で愛されている不朽の名作である。その人気の理由は、シンプルなストーリー、素晴らしい音楽、素晴らしいキャストの演技など、様々な点にある。この映画は、今後も世界中の人々に愛され続けるだろう。

また、『雨に願いを』は社会にも大きな影響を与えた。この映画は、人種差別に対する意識を高め、黒人俳優の地位向上に貢献した。また、障害者に対する意識を高め、障害者の権利向上にも貢献した。さらに、この映画は、子供たちに夢を持つことの大切さを教えてくれた。

タイトルとURLをコピーしました