アカデミア・ビザンチナについて

スポンサーリンク

アカデミア・ビザンチナについて

アカデミア・ビザンチナとは。

アカデミア・ビザンチナは、1983年にイタリアで設立された古楽器オーケストラです。主にバロック音楽を演奏し、指揮者はオッタヴィオ・ダントーネが務めています。

アカデミア・ビザンチナとは

アカデミア・ビザンチナとは

アカデミア・ビザンチナとは

アカデミア・ビザンチナは、1981年に設立されたビザンティン研究の国際的な学術協会です。本部はイタリアのローマにあり、世界中からビザンティン研究の専門家が会員として登録しています。アカデミア・ビザンチナの主な目的は、ビザンティン研究の促進と発展を図ることです。この目的を達成するために、アカデミア・ビザンチナは、毎年国際的なビザンティン研究学会を開催し、ビザンティン研究に関する学術誌を発行しています。また、アカデミア・ビザンチナは、ビザンティン研究に関する研究助成金や奨学金を提供しています。アカデミア・ビザンチナは、ビザンティン研究の国際的なハブとして機能し、ビザンティン研究の発展に貢献しています。

演奏スタイルの特徴

演奏スタイルの特徴

演奏スタイルの特徴

アカデミア・ビザンチナの演奏スタイルは、発声、聖歌、儀式のすべての音楽要素における伝統的音楽様式の厳格な尊重と、歴史的な文書と音楽学的な研究に基づく音楽の解釈という2つの基本的な原則に基づいています。

アカデミア・ビザンチナの聖歌隊は、ソプラノ、アルト、テノール、バスの声部で構成されています。聖歌隊は、聖歌のテキストが明確に発音され、音楽が流れるように滑らかに演奏されるように、注意深くリハーサルされています。

アカデミア・ビザンチナは、ギリシャ正教の一般歌である単独歌に加えて、二重唱、三重唱、四重唱も行っています。アカデミア・ビザンチナの聖歌隊は、定期的にギリシャ正教の礼拝で歌い、教会の年間の祝祭日には特別なコンサートや奉仕を行っています。

アカデミア・ビザンチナは、ギリシャ正教の音楽の伝統を保存し、世界中の人々に広く知らしめることに努めています。アカデミア・ビザンチナの演奏は、ギリシャ正教の音楽の美しさと精神性を余すところなく表現しており、多くの聴衆を魅了しています。

主なレパートリー

主なレパートリー

-主なレパートリー-

アカデミア・ビザンチナは、ビザンチン音楽のレパートリーを幅広く演奏しています。その主なレパートリーは以下の通りです。

* 聖歌ビザンチン音楽の中心的なレパートリーである聖歌は、ギリシャ正教の典礼で使用される音楽です。アカデミア・ビザンチナは、さまざまな聖歌を演奏しており、その中には、聖ヨハネ・ダマスキノスによる「讃美歌」や、聖ロマノス・メロドスによる「コンタキオン」など、ビザンチン音楽史上最も有名な作品も含まれています。
* 世俗音楽アカデミア・ビザンチナは、世俗音楽も演奏しています。世俗音楽とは、典礼以外の場で演奏される音楽であり、その中には、民謡、舞曲、器楽曲など、さまざまなジャンルが含まれています。アカデミア・ビザンチナは、これらの世俗音楽を現代風にアレンジして演奏しており、ビザンチン音楽の新しい可能性を提示しています。
* 現代音楽アカデミア・ビザンチナは、現代音楽も演奏しています。現代音楽とは、20世紀以降に作曲された音楽であり、その中には、ビザンチン音楽の伝統を踏襲した作品から、まったく新しい音楽まで、さまざまな作品が含まれています。アカデミア・ビザンチナは、これらの現代音楽を積極的に取り上げており、ビザンチン音楽の新しい可能性を追求しています。

タイトルとURLをコピーしました