「赤とんぼ」について

スポンサーリンク

「赤とんぼ」について

赤とんぼとは。

「赤とんぼ」とは、日本の国民的な唱歌のひとつです。作詞は三木露風、作曲は山田耕筰で、1921年に発表された三木の詩に、1927年に作曲が付けられました。2007年には、文化庁と日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定されています。

「赤とんぼ」の歴史

「赤とんぼ」の歴史

「赤とんぼ」の歴史

「赤とんぼ」は、日本の童謡のひとつです。1927年に発表され、以来、長く愛され続けています。作詞は三木露風、作曲は山田耕筰です。

「赤とんぼ」は、秋に田んぼで飛び交う赤とんぼの姿を歌った曲です。歌詞は、赤とんぼが田んぼで飛び交う様子や、赤とんぼが夕暮れに飛んでいく様子などを描写しています。曲は、哀愁を帯びたメロディーで、秋の夕暮れの雰囲気をうまく表現しています。

「赤とんぼ」は、発表以来、多くの人々に愛され、歌い継がれてきました。学校では、音楽の授業で「赤とんぼ」を習うことが多いです。また、カラオケでもよく歌われる曲です。

「赤とんぼ」は、日本の童謡の中でも屈指の名曲のひとつです。その美しいメロディーと哀愁を帯びた歌詞は、多くの人々の心を魅了し続けています。

「赤とんぼ」の歌詞の意味

「赤とんぼ」の歌詞の意味

「赤とんぼ」の歌詞の意味

「赤とんぼ」の歌詞は、故郷を離れ都会に出稼ぎに行った男性の視点から書かれています。男性は都会で辛い生活を送っていますが、故郷の赤とんぼを思い出すことで、故郷の風景や家族のことを思い出し、慰められています。歌詞には、故郷への郷愁や、家族への愛情が込められています。

歌詞の中では、赤とんぼが故郷のシンボルとして描かれています。赤とんぼは、日本の田園地帯に生息する昆虫で、日本の原風景を象徴する存在です。歌詞の中では、赤とんぼが故郷の田んぼを飛び回り、男性の幼い頃の姿を見守っている様子が描かれています。

サビの「夕やけ小焼けの赤とんぼ 負われて見たのはいつの日ぞ」という歌詞は、男性が故郷を離れてから、どれほど時間が経ったのかを表現しています。男性は都会で辛い生活を送っていますが、故郷の赤とんぼを思い出すことで、故郷の風景や家族のことを思い出し、慰められています。

「赤とんぼ」は、故郷への郷愁や家族への愛情を歌った名曲です。歌詞はシンプルですが、その歌詞に込められた意味は深いです。この曲は、多くの人々に愛され続け、日本の唱歌の代表曲のひとつになっています。

「赤とんぼ」の魅力

「赤とんぼ」の魅力

「赤とんぼ」の魅力

「赤とんぼ」は、日本の童謡として広く知られている曲です。その美しいメロディーと、故郷への想いを歌った歌詞が人々の心を惹きつけ、長年愛され続けてきました。

まず、「赤とんぼ」の魅力は、そのメロディーの美しさにあります。作曲者の山田耕筰は、日本の伝統音楽である「お囃子」を参考にしながらこの曲を作曲しました。その結果、日本人の心に響く、どこか懐かしさを感じさせるメロディーが誕生したのです。

そして、「赤とんぼ」の魅力は、歌詞の素晴らしさにもあります。作詞者の三木露風は、故郷を離れて暮らす人々への想いを込めてこの歌詞を執筆しました。歌詞中には、「赤とんぼ」を通して故郷の風景や人々を懐かしむ様子が描かれており、多くの人々の共感を呼んでいます。

さらに、「赤とんぼ」の魅力は、その普遍性にもあります。この曲は、世代や性別を問わず、多くの人に愛されています。それは、「赤とんぼ」が、故郷への想いや、自然の美しさなど、誰もが共感できるテーマを歌っているからでしょう。

このように、「赤とんぼ」は、その美しいメロディー、素晴らしい歌詞、そして普遍性によって、長年愛され続けてきたのです。この曲は、これからも多くの人々に親しまれ、歌い継がれていくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました