雨恋々について解説

スポンサーリンク

雨恋々について解説

雨恋々とは。

「雨恋々」は、日本のポピュラー音楽であり、歌は男性演歌歌手である清水博正が歌っています。2008年に発売され、作詞はたかたかし、作曲は弦哲也が行いました。

雨恋々の解説

雨恋々の解説

雨恋々は、2004年に没した俳人・歌人の永田耕衣(ながたこうい)による歌集である。初版本は中公文庫に収録されている。歌集のタイトルである「雨恋々」とは「雨が恋しい」という意味であり、俳句や短歌の作品中に雨に関するものが多数収録されていることを暗示している。

雨恋々は、永田耕衣が晩年に詠んだ歌を収録した歌集である。永田耕衣は、1929年に愛知県に生まれ、1950年に早稲田大学を卒業した。1954年に歌集「白夜」で短歌新聞社賞を受賞し、1960年には歌集「青南風」で現代歌人協会賞を受賞した。1988年に紫綬褒章、2002年に旭日小綬章を受章した。

雨恋々の歌詞の意味

雨恋々の歌詞の意味

-雨恋々の歌詞の意味-

雨恋々の歌詞は、主人公である女性が、雨の日に恋人を思う気持ちを歌ったものです。歌詞には、雨に濡れながら恋人を待つ女性の姿が描かれており、彼女の切ない恋心が表現されています。

1番のAメロでは、主人公が雨の中を歩く様子が描かれています。彼女は、雨に濡れながら恋人を待ち続けており、その姿は、彼女の恋の深さを物語っています。Bメロでは、主人公が恋人に会えない寂しさを歌っています。彼女は、恋人に会えないことで、心が痛んでいる様子です。サビでは、主人公が恋人に会いたいという気持ちを歌っています。彼女は、雨に濡れながら恋人を待ち続けており、その姿は、彼女の恋の強さを物語っています。

2番のAメロでは、主人公が恋人に会えない辛さを歌っています。彼女は、恋人に会えないことで、心が苦しんでいる様子です。Bメロでは、主人公が雨の中で恋人のことを思い続けている様子が描かれています。彼女は、雨に濡れながら恋人を待ち続けており、その姿は、彼女の恋の深さを物語っています。サビでは、主人公が恋人に会いたいという気持ちを歌っています。彼女は、雨に濡れながら恋人を待ち続けており、その姿は、彼女の恋の強さを物語っています。

雨恋々の歌詞は、主人公の切ない恋心が表現された、美しい歌詞です。歌詞には、主人公の雨に濡れながら恋人を待つ姿が描かれており、彼女の恋の深さが伝わってきます。サビでは、主人公が恋人に会いたいという気持ちを歌っており、彼女の恋の強さが伝わってきます。雨恋々の歌詞は、恋する人の心に響く、素晴らしい歌詞です。

雨恋々の作曲者の解説

雨恋々の作曲者の解説

雨恋々の作曲者は、古賀政男です。古賀政男は、1904年2月11日に福岡県久留米市で生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、小学校卒業後は、音楽学校に進学しました。卒業後は、ジャズバンドで演奏活動を始め、その後、作曲家として活動を始めました。古賀政男は、数多くのヒット曲を世に送り出しましたが、その中でも、雨恋々は、最も有名な曲の一つです。雨恋々は、1933年に発表され、すぐに大ヒットしました。この曲は、切ないメロディーと歌詞が特徴で、多くの人々に愛されています。古賀政男は、1978年10月25日に亡くなりましたが、その音楽は、今もなお多くの人々に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました