「哲学者」についてーハイドン交響曲第22番

スポンサーリンク

「哲学者」についてーハイドン交響曲第22番

哲学者とは。

日本では「哲学者」の愛称で知られる交響曲は、オーストリアの作曲家であるヨーゼフ・ハイドンが1764年に作曲しました。原題は《DerPhilosoph》で、名称は第1楽章の音楽表現に由来しています。

「哲学者」とは何か

「哲学者」とは何か

「哲学者」とは何か

ハイドンの交響曲第22番の異名である「哲学者」とは、作品が哲学的な内容を表現していることを意味する。交響曲の各楽章には、それぞれ「序盤」「哲学者の論争」「科学者の議論」「解決」というタイトルがついており、それらが作品全体の哲学的な構造を形成している。

「序盤」では、宇宙の創造や世界の仕組みについて、哲学者が議論する様子が描かれている。

「哲学者の論争」では、哲学者が互いの意見を戦わせ、真理を探求する様子が描かれている。

「科学者の議論」では、科学者が自然科学の知識を駆使して、世界の謎を解き明かそうとする様子が描かれている。

「解決」では、哲学者と科学者が互いの知識を融合させ、世界の謎を解明することに成功する様子が描かれている。

この交響曲は、1764年に作曲された。当時ヨーロッパでは、啓蒙主義の思想が広まりつつあり、人々は理性と科学によって世界の謎を解き明かすことに熱中していた。「哲学者」は、こうした時代精神を反映した作品であり、ハイドンの代表作の一つに数えられている。

「哲学者」の音楽的特徴

「哲学者」の音楽的特徴

「哲学者」の音楽的特徴

* 緩徐な導入部から始まり、力強いアレグロへと移行する。
* 第1楽章はソナタ形式で書かれており、2つの主題が交互に登場する。
* 第2楽章はアンダンテで、穏やかな旋律が特徴的である。
* 第3楽章はメヌエットで、軽快なリズムが特徴的である。
* 第4楽章はアレグロ・ヴィヴァーチェで、華やかで力強いフィナーレである。

「哲学者」は、ハイドンの交響曲の中でも最も人気のある作品のひとつである。その音楽的特徴は、緩徐な導入部から始まり、力強いアレグロへと移行する第1楽章、穏やかな旋律が特徴的な第2楽章、軽快なリズムが特徴的な第3楽章、華やかで力強いフィナーレである第4楽章などである。

「哲学者」の第1楽章の分析

「哲学者」の第1楽章の分析

「哲学者」の第1楽章は、ソナタ形式で書かれており、3つの主題が提示されます。第1主題は、弦楽器によって演奏され、明朗で力強いメロディーです。第2主題は、木管楽器によって演奏され、穏やかで落ち着いたメロディーです。第3主題は、弦楽器によって演奏され、活発で躍動的なメロディーです。

第1楽章の展開部は、非常に複雑で、さまざまな対位法的な技巧が用いられています。展開部の後半では、第1主題と第3主題が同時に演奏され、クライマックスを形成します。

第1楽章の再現部は、提示部の主題が順番に再現されます。しかし、再現部では、主題の順番が入れ替わったり、新しい伴奏が加えられたりして、提示部とは異なる印象を与えます。

第1楽章のコーダは、非常に華やかで、オーケストラ全員が総力を挙げて演奏します。コーダの最後には、第1主題が力強く演奏され、第1楽章を締めくくります。

「哲学者」の第1楽章は、非常に複雑で、さまざまな対位法的な技巧が用いられています。しかし、その複雑さにもかかわらず、非常に明朗で力強い印象を与える楽章です。

タイトルとURLをコピーしました