「デリンジャー」について

スポンサーリンク

「デリンジャー」について

デリンジャーとは。

デリンジャーとは、ジョン・ヒギンズがハリー・パタースンのペンネームで執筆した、1983年発行の英国冒険小説である。

本の概要

本の概要

「本の概要」

デリンジャーは、メアリー・シモンズとビル・オニールによって書かれたノヴェルである。この本は、ジョン・デリンジャーの生涯と時代を題材としている。デリンジャーは、1920年代と1930年代に米国中西部を荒らした銀行強盗であった。彼は、その大胆不敵さとハンサムな容貌で、当時の大衆の心を捉えた。

この本は、デリンジャーの幼少期から彼の死までを詳細に描いている。また、彼の仲間や敵対者についても触れている。この本は、当時の社会情勢や犯罪史を理解する上で貴重な資料である。

この本は、1973年に映画化された。映画は、ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイが主演した。映画は、原作の小説を忠実に再現しており、高い評価を得た。

この本は、デリンジャーの生涯に興味がある人や、当時の社会情勢に興味がある人にぜひ読んでいただきたい本である。

登場人物

登場人物

-登場人物-

「デリンジャー」は、ジョン・デリンジャーとそのギャング団を題材にした映画です。この映画には、デリンジャーとその仲間たち、彼らを追跡するFBI捜査官など、多くの魅力的なキャラクターが登場します。

デリンジャーは、映画の主人公であり、ギャング団のリーダーです。彼は、大胆不敵でカリスマ性があり、FBIの捜査を何度もかわすことから、「パブリック・エネミー・ナンバーワン」と呼ばれていました。デリンジャーを演じたのは、ジョニー・デップです。

デリンジャーの仲間たちには、ジョン・ハミルトン、ハリー・ピアポント、エドウィン・サザランド、チャールズ・マックレーなど、個性的なキャラクターが揃っています。ハミルトンとピアポントは、デリンジャーの片腕として活躍し、サザランドとマックレーは、デリンジャーとは対照的なキャラクターとして描かれます。

FBI捜査官の Melvin Purvis は、デリンジャーを追跡する捜査官です。パーヴィスは、デリンジャー逮捕に執念を燃やし、何度も彼を追いつめます。パーヴィスを演じたのは、クリスチャン・ベールです。

「デリンジャー」は、デリンジャーとそのギャング団、彼らを追跡するFBI捜査官など、魅力的なキャラクターが登場する映画です。この映画は、デリンジャーの生涯を忠実に再現しており、彼の人間性やギャング団の結束力など、様々な側面を描いています。

映画化作品

映画化作品

映画化作品

デリンジャーの人生は、数多くの映画やテレビ番組で取り上げられてきた。最も有名なのは、1973年に公開されたジョン・ミリアス監督の映画『デリンジャー』である。この映画では、ローレンス・オリヴィエがデリンジャーを演じ、共演にはシルヴェスター・スタローン、ミッキー・ルーニー、クリフ・ロバートソンなどがいる。映画は、デリンジャーの死によって描かれており、映画批評家からも好評を得ている。

他にも、1945年に公開された『デリンジャー』という映画があり、この映画では、ローレンス・ティエラニーがデリンジャーを演じている。また、1991年に公開されたテレビ映画『デリンジャー』では、マイケル・マドセンがデリンジャーを演じている。

デリンジャーの人生は、その短くも激動の人生から、数多くの映画やテレビ番組の題材となっている。彼の犯罪行為は、今もなお多くの人々の興味を惹きつけ続けている。

タイトルとURLをコピーしました