ドヴォルザークのオラトリオ「聖ルドミラ」について

スポンサーリンク

ドヴォルザークのオラトリオ「聖ルドミラ」について

聖ルドミラとは。

・聖ルドミラは、チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークが1886年に発表したオラトリオ(大規模な声楽曲)作品です。
・聖ルドミラは、チェコにおけるギリシャ正教の受容に貢献した聖人です。
・オラトリオ「聖ルドミラ」は、聖ルドミラの生涯を描いた作品です。

作品の概要

作品の概要

ドヴォルザークのオラトリオ「聖ルドミラ」は、19世紀後半に作曲された宗教音楽作品です。この作品は、9世紀のボヘミアの聖人、聖ルドミラを描いたオラトリオで、1886年にプラハで初演されました。この曲はドヴォルザークの宗教音楽の傑作のひとつと考えられており、今日でも世界中で演奏されています。

「聖ルドミラ」は、3つの部分から構成されている。第1部は「ルドミラの入信」、第2部は「ルドミラ殉教」、第3部は「ルドミラ昇天」です。第1部は、ルドミラがキリスト教に改宗するまでの物語を扱っており、第2部は、ルドミラが夫のヴラティスラフ1世によって殺されるまでの物語を扱っています。第3部は、ルドミラが殉教後、天国に昇天するまでの物語を扱っています。このオラトリオは、ドヴォルザークの宗教音楽の傑作の一つであり、今日でも世界中で演奏されています。

聖ルドミラの生涯

聖ルドミラの生涯

聖ルドミラの生涯

聖ルドミラは9世紀にボヘミアで生まれ、921年に同国で初めてキリスト教徒となった。彼女はボヘミア公ヴラチスラフ1世の妻であり、その息子のヴァーツラフ1世の母でもあった。ルドミラはヴラチスラフ1世の死後、ヴァーツラフ1世の摂政を務めた。彼女はヴァーツラフ1世にキリスト教の信仰を教え、また、彼の教育にも力を注いだ。ルドミラはヴァーツラフ1世が成人した後も、彼の良き相談役として支え続けた。

しかし、ルドミラはヴァーツラフ1世の妻ドラホミラと不仲であった。ドラホミラはヴァーツラフ1世をルドミラから引き離そうと企て、921年にルドミラを暗殺した。ルドミラは925年に聖人として列せられた。彼女の遺体はプラハの聖ヴィート大聖堂に葬られた。

聖ルドミラはボヘミアの守護聖人であり、また、母親と子供の守護聖人でもある。彼女はプラハに数多くの教会が捧げられており、また、彼女の生涯を描いた多くの絵画や彫刻が制作されている。

作品の背景と影響

作品の背景と影響

ドヴォルザークのオラトリオ「聖ルドミラ」は、1885年に作曲された3幕構成の大規模な作品です。この作品は、チェコの歴史上最も重要な聖人の一人、聖ルドミラの生涯を描いています。聖ルドミラは、9世紀後半にボヘミアで生まれ、夫であるボヘミア公ヴァーツラフ1世を暗殺した後、孫であるヴァーツラフ2世の摂政として国を統治しました。彼女は、キリスト教の布教と国の統一に尽力し、921年に暗殺されました。

ドヴォルザークは、聖ルドミラの生涯に強い関心を持ち、1884年に「聖ルドミラ」の作曲に着手しました。彼は、チェコの民謡や教会音楽を積極的に取り入れ、民族的な色合いを強めた作品に仕上げました。また、ドヴォルザークは、聖ルドミラの人間性や信仰心を表現するために、美しい旋律と巧みなオーケストレーションを駆使しました。

「聖ルドミラ」は、1886年にプラハで初演されました。この作品は、大きな成功を収め、ドヴォルザークの代表作のひとつとなりました。また、「聖ルドミラ」は、チェコ音楽の発展に大きな影響を与え、多くのチェコの作曲家が民族的な色合いを強めた作品を作曲するようになりました。

タイトルとURLをコピーしました