「御宿かわせみ・第二章」について

スポンサーリンク

「御宿かわせみ・第二章」について

オンラインゲーム「すごい攻略やってます」とは。

株式会社双葉社が発行していたゲーム・アニメ情報誌「すごい攻略やってます」は、オンラインゲームの攻略法などを掲載していましたが、2009年4月に休刊となりました。

物語の概要

物語の概要

「物語の概要」

「御宿かわせみ・第二章」の物語は、主人公の永倉新之丞が、江戸時代末期の京の都で、さまざまな事件に巻き込まれながら成長していく姿を描いたものです。

新之丞は、田舎の小さな村で生まれ育ち、幼い頃から剣術を習っていました。しかし、ある日、村が山賊に襲われ、新之丞の家族は全員殺されてしまいました。新之丞は、唯一生き残ったものの、心に大きな傷を負い、復讐を誓います。

新之丞は、京の都に上り、剣術の師匠である柳生但馬守のもとで修行を始めます。そして、やがて、柳生新陰流の免許皆伝を受け、一人前の剣客となりました。

新之丞は、京の都で、さまざまな事件に巻き込まれます。その中には、朝廷の陰謀に巻き込まれたり、盗賊団と戦ったり、さらには、外国人の暗殺者と戦ったりする事件もありました。しかし、新之丞は、その剣の腕と、仲間たちの助けを借りて、すべての事件を解決していきます。

そして、ついに、新之丞は、村を襲った山賊の親玉を討ち果たし、復讐を果たします。しかし、新之丞は、復讐を果たしたことで、心の傷が癒されたわけではありませんでした。新之丞は、京の都を離れ、再び旅に出ます。

登場人物

登場人物

-登場人物-

「御宿かわせみ・第二章」は、個性豊かな登場人物が物語に彩りを添えています。

主人公は、老舗旅館「御宿かわせみ」の女将、かわせみです。彼女は、旅館を継ぐ前は東京の高級ホテルで働いていた才色兼備の女性です。しかし、父が病に倒れたことを機に、生まれ故郷である奥飛騨へと戻り、旅館を継ぐことになりました。

かわせみの夫、かわせみは、地元で漁師をしている朴訥な男性です。彼は、かわせみとは対照的に、無口で不器用な性格ですが、家族思いで、いつもかわせみを支えています。

かわせみの娘、かわせみは、旅館を手伝っている明るく活発な女の子です。彼女は、旅館の仕事に誇りを持っており、お客様に喜んでもらえるよう、毎日一生懸命働いています。

かわせみの息子、かわせみは、旅館の跡継ぎとして期待されている青年です。彼は、大学卒業後、東京のホテルで修行を積んでおり、そろそろ旅館に戻る予定です。

かわせみの両親、かわせみとかわせみは、旅館の経営を陰で支えているベテラン夫婦です。二人は、長年旅館を切り盛りしており、豊富な経験と知識を持っています。

これらの登場人物が織りなす人間模様は、物語に深みと面白さを与えています。

時代背景

時代背景

「御宿かわせみ・第二章」の時代背景は、江戸時代末期から明治時代初期にあたります。この時代は、日本の歴史上において大きな変動のあった時期であり、政治、経済、社会、文化などあらゆる分野で大きな変化が起こりました。

政治的には、江戸幕府が倒れ、明治政府が樹立されました。これは、日本の政治体制が中央集権的なものから地方分権的なものへと移行する大きな変化でした。経済的には、殖産興業政策によって近代的な産業が勃興し、資本主義経済が発展しました。社会的には、身分制度が廃止され、国民皆兵制が導入されました。文化的には、西洋文化が流入し、日本の文化は大きく変化しました。

このように、「御宿かわせみ・第二章」の時代背景は、激動の時代でした。この時代を舞台にした「御宿かわせみ・第二章」は、人々の生きざまや社会の変化をリアルに描いた作品となっています。

タイトルとURLをコピーしました