「山のこもりうた」について

スポンサーリンク

「山のこもりうた」について

山のこもりうたとは。

「山のこもりうた」は、日本の唱歌のタイトルで、スイス民謡に基づいています。作詞は井田誠一が行いました。

「山のこもりうた」の作曲について

「山のこもりうた」の作曲について

「山のこもりうた」の作曲について

「山のこもりうた」は、1972年(昭和47年)にNHKの作詞作曲コンクールで入選した楽曲で、作詞は片桐和子、作曲は中村八大が担当した。この曲は、山村を舞台とした民話風の物語を題材としており、穏やかで優しいメロディーが特徴的である。

中村八大は、この曲を作るにあたって、山村の風景や人々の暮らしをイメージして作曲したという。彼は、「山のこもりうた」を「山村の素朴な美しさを表現した曲」であると語っている。

「山のこもりうた」は、当初はNHKの番組で使用されることを目的として作曲されたが、後に多くの歌手によってカバーされるなど、広く親しまれるようになった。この曲は、その素朴な美しさと優しいメロディーで、多くの人々の心を癒している。

「山のこもりうた」の歴史について

「山のこもりうた」の歴史について

「山のこもりうた」の歴史について

「山のこもりうた」は、山の神に捧げる労働歌であり、日本の多くの地域に伝わる伝統的な民謡です。その起源は古く、古代の農耕儀礼に由来すると考えられています。山の神は、山の恵みをもたらし、五穀豊穣や家畜の繁栄をもたらす神とされ、人々は山の神を祀ることで、山の恵みに感謝し、豊作を祈願してきました。

「山のこもりうた」は、山の神を祀る際に歌われる歌であり、山の神に捧げる労働歌でもあります。その歌詞は、山の神の偉大さをたたえ、山の恵みに感謝する内容が多く、また、山の神に豊作や家畜の繁栄を祈願する内容の歌もあります。「山のこもりうた」は、人々が山の神に感謝し、祈願する気持ちを表す歌であり、日本の伝統的な民謡として、今日でも多くの地域で歌い継がれています。

タイトルとURLをコピーしました