「悪党パーカー裏切りのコイン」について

スポンサーリンク

「悪党パーカー裏切りのコイン」について

悪党パーカー裏切りのコインとは。

「悪党パーカー裏切りのコイン」とは、米国の人気作家ドナルド・E・ウェストレイクが、リチャード・スタークのペンネームで1967年に発表したハードボイルド小説である。原題は「The Rare Coin Score」という。

「悪党パーカー裏切りのコイン」のあらすじ

「悪党パーカー裏切りのコイン」のあらすじ

「悪党パーカー裏切りのコイン」は、1958年に出版されたダシール・ハメットの短編小説です。この物語は、私立探偵のサム・スペードが、悪名高いギャングであるパーカーの裏切りによって盗まれた金貨を取り戻すのを手伝おうとする内容です。

この物語は、スペードがパーカーの部下であるルーファス・リオーダンから依頼を受けたところから始まります。リオーダンは、スペードにパーカーが盗んだ金貨を取り戻すよう依頼します。金貨は、現在はリオーダンの妻であるクララが所有しています。

スペードは、リオーダンと彼の妻クララから情報を集め、盗まれた金貨を探し始めます。スペードは、パーカーの部下の1人であるフランキー・オースティンが金貨を所有していることを突き止めます。オースティンは、スペードに金貨を渡すことを拒否します。そこで、スペードはオースティンを殺して金貨を奪います。

スペードは金貨をリオーダンに返還します。しかし、リオーダンは金貨を受け取りません。リオーダンは、スペードがパーカーを殺したことを知っており、スペードが金貨を盗んだと信じています。

スペードは、リオーダンに自分がパーカーを殺していないことを証明しようとします。しかし、リオーダンはスペードの話を受け入れません。リオーダンは、スペードに銃を突きつけます。スペードは、リオーダンを殺してしまいます。

スペードは、金貨を警察に渡します。警察は、スペードをパーカーとオースティンの殺害で逮捕します。スペードは裁判にかけられます。裁判では、スペードはパーカーとオースティンの殺害を否認します。しかし、スペードは有罪判決を受け、死刑を宣告されます。

「悪党パーカー裏切りのコイン」の登場人物

「悪党パーカー裏切りのコイン」の登場人物

「悪党パーカー裏切りのコイン」の登場人物

「悪党パーカー裏切りのコイン」は、悪党パーカーと彼の仲間である、ポリー、バズーカ、ジューシー、フルーティの5人組のギャングが、銀行を襲うというストーリーです。悪党パーカーは、計画を立てるのが得意なリーダー格で、ポリーは、悪党パーカーの右腕的存在で、バズーカは、喧嘩っ早く力が強いタイプ、ジューシーは、頭が切れて情報収集が得意、フルーティは、お調子者でムードメーカーという設定です。

この5人組のギャングは、それぞれに個性があり、それぞれの役割を担っています。悪党パーカーは、頭脳明晰で、銀行のセキュリティシステムを突破する計画を立てます。ポリーは、実行力があり、悪党パーカーの指示に従って計画を実行していきます。バズーカは、力持ちで、銀行の警備員を倒したり、銀行の金庫を破壊したりします。ジューシーは、頭が切れていて、銀行の金庫の暗証番号を解読したり、銀行のセキュリティカメラをハッキングしたりします。フルーティは、お調子者で、ムードメーカー的存在で、仲間たちを盛り上げたり、緊張をほぐしたりします。

この5人組のギャングは、それぞれに個性があり、それぞれの役割を担いながら、銀行を襲うという計画を実行していきます。

「悪党パーカー裏切りのコイン」の映画化

「悪党パーカー裏切りのコイン」の映画化

-映画化-

「悪党パーカー裏切りのコイン」は、2023年に映画化されることが決定した。映画のタイトルは「悪党パーカー裏切りのコイン」で、主人公のパーカーを演じるのは、人気俳優の山田孝之が決定している。監督は、数々のヒット作を手がけてきた鈴木雅之が務める。

映画は、原作小説を忠実に再現したストーリー展開となっている。パーカーが組織を裏切り、裏社会を牛耳るギャングのボスである大魔王から大金を盗み出すというスリリングな展開が描かれる。また、パーカーと大魔王の対決シーンも見どころの一つとなっている。

映画の撮影は、2023年3月から開始され、同年7月に公開される予定だ。公開に先駆け、2023年5月には、映画の予告編が公開される予定となっている。

「悪党パーカー裏切りのコイン」の映画化は、原作ファンのみならず、映画ファンからも大きな注目を集めている。山田孝之と鈴木雅之という実力派俳優と監督のタッグで、どのような作品が生まれるのか、今から期待が高まっている。

タイトルとURLをコピーしました