コンピュータ新人類の研究について

スポンサーリンク

コンピュータ新人類の研究について

コンピュータ新人類の研究とは。

「コンピュータ新人類の考察」は、野田正彰によって書かれた本です。1987年に出版され、その年に第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しました。

野田正彰の著作としてのコンピュータ新人類の研究

野田正彰の著作としてのコンピュータ新人類の研究

野田正彰の著作としてのコンピュータ新人類の研究

野田正彰は、1980年代に「コンピュータ新人類」という概念を提唱したことで知られる日本の社会学者です。野田は、コンピュータの普及によって新しいタイプの人間が出現すると主張しました。この新しい人間は、コンピュータを駆使して情報収集や意思決定を行い、従来の人間とは異なる価値観や行動様式を持つとされます。

野田の著作「コンピュータ新人類の研究」は、1985年に出版されました。この著作では、野田はコンピュータ新人類の出現が社会に与える影響について考察しています。野田は、コンピュータ新人類は従来の人間よりも情報収集能力が優れており、意思決定のスピードも速いことから、社会のリーダーとして活躍する可能性があると主張しました。また、野田はコンピュータ新人類は従来の人間よりもコミュニケーション能力が優れているため、国際社会で活躍する可能性が高いとも主張しました。

野田の著作「コンピュータ新人類の研究」は、コンピュータの普及が社会に与える影響を考察した先駆的な著作であり、現在でも多くの研究者によって引用されています。

第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞の背景

第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞の背景

コンピュータ新人類の研究について

第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞の背景

 コンピュータ新人類の研究は、1980年代初頭に始まった。当時は、コンピュータはまだ一般家庭には普及しておらず、コンピュータに触れる機会があるのは、限られた人々だけだった。しかし、1990年代に入ると、コンピュータの価格が下がり、インターネットが普及したことで、コンピュータに触れる機会が飛躍的に増えた。これにより、コンピュータに親しみ、コンピュータを使って新しいことをする若者たちが現れ始めた。彼らは、コンピュータ新人類と呼ばれた。

 コンピュータ新人類の研究は、彼らの特徴や行動を明らかにすることを目的としている。コンピュータ新人類は、従来の価値観にとらわれず、新しいことにチャレンジする精神を持っていることが多い。また、コンピュータを駆使して、新しい情報を収集・発信したり、新しいビジネスを立ち上げたりするなど、従来は不可能だったことを可能にする。

 コンピュータ新人類の研究は、社会学や心理学、教育学などのさまざまな分野で行われている。コンピュータ新人類の行動や特徴を明らかにすることで、新しい教育方法や社会制度を開発したり、新しいビジネスモデルを構築したりすることに役立てることができる。

 コンピュータ新人類の研究は、コンピュータの普及に伴い、新しい分野として発展してきた。コンピュータ新人類は、社会に大きな影響を与えており、彼らの研究は、社会の未来を考える上で重要である。

コンピュータ新人類の研究の現代的な意義

コンピュータ新人類の研究の現代的な意義

コンピュータ新人類とは、コンピュータやインターネットに親しみ、それらを使いこなすことに長けた若い世代のことである。

コンピュータ新人類の研究は、この世代のメディア利用実態や社会文化的特徴を明らかにすることを目的とする。

コンピュータ新人類の研究は、新しいメディアが若い世代の社会化やアイデンティティ形成に与える影響を明らかにするという点で現代的な意義を持っている。

また、コンピュータ新人類の研究は、この世代のメディアリテラシーや情報活用能力を向上させるための教育プログラムの開発にも貢献している。

さらに、コンピュータ新人類の研究は、この世代の消費行動や購買習慣を明らかにするという点でも現代的な意義を持っている。

コンピュータ新人類の研究は、この世代の社会文化的特徴やメディア利用実態を明らかにすることで、この世代の社会化やアイデンティティ形成、メディアリテラシーや情報活用能力の向上、消費行動や購買習慣の解明などに貢献している。

タイトルとURLをコピーしました