「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」全話解説【あらすじ・感想】

スポンサーリンク

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」全話解説【あらすじ・感想】

アクティヴレイド 機動強襲室第八係とは。

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」は、日本のポリスアクションテレビアニメ。近未来の東京を舞台に、警察庁の特殊部隊の活躍を描く。2016年1月~3月に第1期、同年7月~9月に第2期が、TOKYOMXほかで放送された。制作はプロダクションアイムズで、総監督は谷口悟朗。声優は、島崎信長(「崎」は正確には“たつさき”)、櫻井孝宏、小澤亜李らが務めた。

作品概要

作品概要

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」は、2014年に放送されたオリジナルアニメです。監督は竹内敦志、シリーズ構成は雑破業、キャラクターデザインは坂井久太、アニメーション制作はProduction I.Gが担当しました。

物語の舞台は、近未来の日本。政府は、特殊部隊「機動強襲室第八係」を設立し、犯罪者やテロリストを鎮圧する任務を与えました。第八係は、特殊な能力を持つメンバーで構成されており、そのリーダーは、元警官の黒木タクマです。タクマは、仲間たちと共に、難事件を解決していきます。

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」は、アクションとサスペンスを兼ね備えた作品です。また、キャラクターたちの個性も魅力的で、視聴者を惹きつけます。

あらすじ(第1期・第2期)

あらすじ(第1期・第2期)

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」のあらすじ

第1期

西暦2030年、東京を覆う巨大な防壁都市「DOLLS」内で、特殊部隊「機動強襲室第八係」が結成された。彼らは、DOLLSを守るために、人型ロボット「レイバー」を駆使して戦う。第八係のメンバーは、隊長の上園美波、オペレーターの瀬名京太郎、パイロットの桜井智樹、エンジニアの鈴原美沙、医療班の立川美穂の5人。彼らは、DOLLSを脅かす様々な事件を解決していく。

第2期

DOLLSで起きた事件を解決した第八係は、解散することになった。しかし、DOLLSの外で新たな事件が発生し、第八係は再結成される。彼らは、事件の黒幕を追うために、DOLLSの外の世界へと飛び出す。第八係のメンバーは、上園美波、瀬名京太郎、桜井智樹、鈴原美沙、立川美穂に加えて、新メンバーの八神凛音と犬飼貴至の2人が加わる。彼らは、事件の黒幕を倒すために、様々な困難に立ち向かっていく。

登場人物紹介と声優

登場人物紹介と声優

「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」に登場する個性豊かなキャラクターたちをご紹介します。

まずは、主人公の黒騎猛。警視庁に所属する機動強襲室第八係の係長です。武術の達人で、高い戦闘能力を持っています。声は杉田智和さんが担当しています。

そして、同じく第八係に所属する久慈暁子。元自衛官で、射撃の名手です。クールな性格ですが、仲間思いの一面も。声は釘宮理恵さんが担当しています。

さらに、第八係に所属する角田裕介。元傭兵で、格闘術を得意としています。お調子者ですが、頼りになる存在です。声は小野大輔さんが担当しています。

そして、第八係に所属する高村直也。元警察官で、捜査を担当しています。真面目な性格で、仲間のフォローに徹しています。声は森田成一さんが担当しています。

最後に、第八係に協力する謎の少女、叢雲劾。特殊な能力を持っており、第八係の活躍を助けます。声は悠木碧さんが担当しています。

個性豊かなキャラクターたちが織り成す「アクティヴレイド 機動強襲室第八係」の世界を、ぜひお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました