名探偵ポワロシリーズ映画

スポンサーリンク

名探偵ポワロシリーズ映画

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵とは。

2005年のフランス映画で原題は「親指が教えていた…」というアガサ・クリスティ原作の「親指のうずき」を映画化した作品があります。パスカル・トマ監督、カトリーヌ・フロとアンドレ・デュソリエ主演です。

映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』とは

映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』とは

映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』は、2018年に公開されたイギリスの推理映画です。名探偵ポワロシリーズの映画としては第3作目にあたり、アガサ・クリスティの同名小説を原作としています。監督はブランドン・キャンプとジェシー・ネルソン、主演はケネス・ブラナーです。

本作は、ポワロが1953年に地中海でのクルーズ旅行中に、資産家の女性が殺害される事件を捜査する物語です。ポワロは、容疑者としてウィンドラム一家と彼らの友人であるノーマン・ゲイルを捜査します。ウィンドラム一家は、夫のアーチボルト、妻のベレニス、娘のセリア、そして息子のマイケルで構成されており、彼らにはそれぞれ秘密を抱えています。ノーマン・ゲイルは、ウィンドラム一家の友人で、セリアに思いを寄せています。

ポワロは、捜査を進めるうちに、ウィンドラム一家とノーマン・ゲイルがそれぞれ動機を持っていることを突き止めます。そして、事件の意外な真相を解き明かしていくのです。

アガサ・クリスティーの原作小説

アガサ・クリスティーの原作小説

アガサ・クリスティーの原作小説

「名探偵ポワロ」シリーズの映画は、すべてアガサ・クリスティーの原作小説に基づいています。クリスティーは、20世紀を代表するイギリスの小説家で、世界で最も多く翻訳されている作家の一人です。「名探偵ポワロ」シリーズは、彼女の代表作の一つで、1920年から1975年までの間に執筆されました。

「名探偵ポワロ」シリーズには、66編の短編と13編の長編小説があります。映画化されているのは、そのうちの一部です。映画化された作品の中で最も有名なのは、1974年に公開された「オリエント急行殺人事件」です。この映画は、第47回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、美術賞、音楽賞の6部門を受賞しました。

「名探偵ポワロ」シリーズの映画は、原作小説の忠実な映像化として評価されています。原作のストーリーやキャラクターを活かしながら、映画ならではの演出や映像美が加えられています。映画を見た後でも、原作小説を読んで楽しめるのが魅力です。

「名探偵ポワロ」シリーズの映画は、ミステリーファンはもちろん、映画ファンにもおすすめです。原作小説を読んだことがない人でも、映画から「名探偵ポワロ」の世界を堪能することができます。

映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』あらすじ

映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』あらすじ

映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』は、アガサ・クリスティーが生み出した名探偵ミス・マープルを主人公にした推理映画である。2018年に公開され、イギリスの人気女優ジュディ・デンチがミス・マープルを演じた。

物語は、ミス・マープルがイギリスの田舎町セント・メアリ・ミードに引っ越してくることから始まる。彼女はそこで、地元の富豪ルシアン・レイドロウが殺害された事件に巻き込まれる。レイドロウは妻のグウェンドリンと離婚しようとしていたが、その直後に惨殺されてしまったのだ。

ミス・マープルは、警察の捜査に協力して事件の謎を解こうとする。彼女は、レイドロウ家の使用人や親族など、レイドロウと関係のあった人々を調査し、彼らの秘密や嘘を暴いていく。やがて、ミス・マープルは犯人がレイドロウの妻グウェンドリンであることを突き止める。グウェンドリンは、レイドロウの遺産を手に入れるために夫を殺害したのだ。

ミス・マープルは、グウェンドリンの犯罪を警察に告発し、グウェンドリンは逮捕される。事件は解決し、ミス・マープルはセント・メアリ・ミードの英雄となる。

タイトルとURLをコピーしました