相棒Season10|ストーリや見どころを解説

スポンサーリンク

相棒Season10|ストーリや見どころを解説

相棒〈Season10〉とは。

相棒シーズン10は、2011年10月から2012年3月までテレビ朝日系列で放映された日本の刑事ドラマです。全19回。脚本は輿水泰弘ほか。水谷豊、及川光博ほかが出演しました。このシーズンで、2009年のシーズン8から3期にわたって主人公・杉下右京(水谷豊)の二代目相棒を務めた神戸尊(及川光博)は、異動という形で作品を卒業しました。

相棒Season10のストーリーは?

相棒Season10のストーリーは?

相棒Season10のストーリーは、杉下右京と亀山薫が難事件を解決していくというものです。Season10では、杉下と亀山のコンビが解散し、新たに神戸尊が相棒に加わります。杉下と神戸は、性格も捜査方法も異なるため、最初はうまくいきませんでしたが、徐々に信頼関係を築き、難事件を解決していきます。

Season10では、杉下と亀山が捜査中に命を狙われたり、神戸が誘拐されたりするなど、緊迫感あふれる展開が続きます。また、杉下と神戸の過去が明かされたり、新しいキャラクターが登場したりするなど、見どころ満載です。

Season10の最終回では、杉下と亀山が最後の事件を解決し、コンビを解散します。しかし、その後も杉下は神戸と一緒に捜査を続け、難事件を解決していきます。

相棒Season10の見どころは?

相棒Season10の見どころは?

「相棒Season10の見どころは?」

相棒Season10は、2012年10月から2013年3月までテレビ朝日系列で放送された日本の刑事ドラマシリーズ。水谷豊演じる杉下右京と反町隆史演じる亀山薫が主人公となり、犯罪捜査に挑むストーリーが展開される。Season10では、右京と薫のコンビが解散し、新たな相棒として鈴木杏樹演じる神戸尊が加わる。

相棒Season10の見どころの一つは、右京と神戸のコンビの活躍である。右京の切れ味鋭い推理と神戸の行動力は、強力なコンビとして犯罪捜査に挑む。また、Season10では、右京と神戸の過去が明らかになる回もあり、二人の人物像がより深く掘り下げられている。

もう一つの見どころは、ゲスト俳優陣の豪華さである。Season10には、田中麗奈、小泉孝太郎、木村多江など、実力派俳優陣が多数ゲスト出演している。ゲスト俳優陣の演技は、ストーリーに深みを与え、ドラマをより面白くしている。

相棒Season10は、右京と神戸のコンビの活躍、ゲスト俳優陣の豪華さなど、見どころ満載のドラマである。刑事ドラマファンはもちろん、日本のドラマファンにもおすすめの作品だ。

相棒Season10のキャストは?

相棒Season10のキャストは?

相棒Season10のキャストは、水谷豊が演じる主人公の杉下右京と、反町隆史が演じる右京の相棒である冠城亘のコンビを引き続き中心に据えています。また、ベテラン俳優の中村嘉葎雄が演じる警視庁副総監の衣笠藤治や、浅利陽介が演じる特命係の伊丹憲一、神戸浩が演じる青島俊作など、お馴染みのキャラクターも引き続き登場します。

さらに、Season10では新たなキャストとして、川原和久が演じる警視庁捜査一課の課長である大河内春樹が登場します。大河内は右京の捜査に協力することになる人物で、Season10では彼の活躍にも注目が集まります。

タイトルとURLをコピーしました