「ウォーター・メロン・マン」とは

スポンサーリンク

「ウォーター・メロン・マン」とは

ウォーター・メロン・マンとは。

ウォーター・メロン・マンは、アメリカの有名な曲の一つです。作曲はハービー・ハンコックが担当し、1962年にリリースされました。オリジナルのタイトルは「Watermelon Man」で、その後ジョン・ヘンドリックスとグロリア・リンが歌詞を付けて歌いました。

「ウォーター・メロン・マン」の誕生秘話

「ウォーター・メロン・マン」の誕生秘話

「ウォーター・メロン・マン」の誕生秘話

「ウォーター・メロン・マン」の誕生秘話は、様々な要素が絡み合う複雑な物語である。

この映画の着想は、映画監督のメル・ブルックスが、映画『Guess Who’s Coming to Dinner』(1967)を見たことに端を発している。この映画は、白人の女性とアフリカ系アメリカ人の男性との結婚を描いたものであり、ブルックスは、この映画に衝撃を受け、この映画をパロディーにすることを決意した。

ブルックスは、この映画の脚本を執筆しているとき、偶然にも、アフリカ系アメリカ人のコメディアンであるリチャード・プライヤーのスタンドアップ・コメディをテレビで見た。プライヤーのジョークは、ブルックスの笑いを誘い、ブルックスは、プライヤーを「ウォーター・メロン・マン」の主演に抜擢することを決めた。

「ウォーター・メロン・マン」は、1970年に公開され、大きな話題となった。この映画は、白人と黒人の結婚をパロディー化した内容であり、人種差別を批判する内容を含んでいた。この映画は、賛否両論を巻き起こしたが、最終的には、大ヒットを記録した。

カバーされた「ウォーター・メロン・マン」

カバーされた「ウォーター・メロン・マン」

「カバーされた「ウォーター・メロン・マン」」

ウォーター・メロン・マンは、モンゴメリー・ランドさんの「スイカ頭」という楽曲の異名です。この楽曲は、1962年のヒット映画『シャイニング』の中でカバーされています。カバーバージョンは、映画のサウンドトラックアルバムに収録され、アメリカでは、最高位10位を記録しました。

ヘレン・シャピロさんは、1963年に自分のバージョンをリリースしました。このバージョンは、イギリスで最高位3位を記録しました。他のアーティストによるカバーバージョンも数多くリリースされており、その中には、エルヴィス・プレスリーさん、ジェイムス・ブラウンさん、レイ・チャールズさんなどが含まれます。

ウォーター・メロン・マンは、ジャズ、ソウル、R&Bなど、様々なジャンルのアーティストに人気のある楽曲です。そのキャッチーなメロディーと、軽快なリズムは、多くのリスナーに愛されています。

カバーされた楽曲の中で最も有名なのは、ハリー・ベラフォンテさんのバージョンです。このバージョンは、1961年にシングルとしてリリースされ、アメリカ、イギリス、カナダでヒットしました。このバージョンは、ベラフォンテさんの代表曲の一つとして知られており、多くのアーティストによってカバーされました。

「ウォーター・メロン・マン」の歌詞に隠されたメッセージ

「ウォーター・メロン・マン」の歌詞に隠されたメッセージ

「ウォーター・メロン・マン」の歌詞に隠されたメッセージ

「ウォーター・メロン・マン」の歌詞には、いくつかの隠されたメッセージが含まれていると指摘されています。その中でも最も有名なメッセージは、「私は泥棒だ」というものです。このメッセージは、歌詞の中の「私は泥棒だ」というフレーズを逆さまに読むことで発見することができます。

このメッセージは、当時のアメリカ社会が人種差別によって深く分断されていたことを背景にしています。黒人は、白人の社会から窃盗犯とみなされることが多く、このメッセージは、その偏見を皮肉ったものと解釈されています。

また、歌詞の中には「私は嘘つきだ」というメッセージも含まれていると指摘されています。このメッセージは、歌詞の中の「私は嘘つきだ」というフレーズを逆さまに読むことで発見することができます。

このメッセージは、当時のアメリカ社会が虚偽と欺瞞に満ちていたことを背景にしています。ベトナム戦争への抗議運動が高まる中、政府は国民に虚偽の情報を流布し、戦争を正当化しようとしていました。このメッセージは、そのような政府の行為を皮肉ったものと解釈されています。

タイトルとURLをコピーしました