「炎立つ」のすべて

スポンサーリンク

「炎立つ」のすべて

炎立つとは。

「炎立つ」は、1993年から1994年までNHKで放送された大河ドラマです。高橋克彦氏の書き下ろし作品で、奥州藤原氏の栄枯盛衰を三部構成で描いています。

第一部は前九年の役、第二部は後三年の役、第三部は源平合戦・奥州合戦が舞台です。脚本は中島丈博氏、音楽は菅野由弘氏が担当しました。主演は渡辺謙氏で、藤原経清と泰衡の二役を演じました。

このドラマは、奥州藤原氏の歴史を壮大なスケールで描いた作品として高い評価を受けています。渡辺謙氏の熱演も話題となり、大きなヒットとなりました。

奥州藤原氏の興亡を描く大河ドラマ

奥州藤原氏の興亡を描く大河ドラマ

「奥州藤原氏の興亡を描く大河ドラマ」

大河ドラマ「炎立つ」は、1993年から1994年にかけてNHKで放送された、奥州藤原氏の興亡を描いた作品です。主演は佐藤浩市で、奥州藤原氏の初代当主・藤原清衡を演じました。

このドラマは、藤原清衡が源頼朝に敗れ、奥州藤原氏が滅亡するまでを描いています。藤原清衡は、奥州藤原氏の初代当主として、平泉に平泉中尊寺を建立するなど、奥州藤原氏の繁栄に尽力しました。しかし、源頼朝が奥州藤原氏を討伐し、奥州藤原氏は滅亡しました。

このドラマは、奥州藤原氏の栄華と滅亡を、壮大なスケールで描いています。藤原清衡のほか、源頼朝、源義経、北条政子など、多くの歴史上の人物が登場します。このドラマは、奥州藤原氏の歴史を知るうえで、貴重な作品です。

高橋克彦の書き下ろし作品

高橋克彦の書き下ろし作品

高橋克彦の書き下ろし作品

「炎立つ」は、高橋克彦の書き下ろし作品です。高橋克彦は、1952年、山口県に生まれ、同志社大学法学部を卒業後、1976年に「炎立つ」でデビューしました。この作品は、南北朝時代の動乱を背景に、南北朝の2人の武将、足利尊氏と楠木正成の対決を描いた大河小説です。この作品は、1993年にNHK大河ドラマとして放送され、大ヒットしました。

高橋克彦は、「炎立つ」以外にも、多くの作品を発表しています。その中には、「風の果て」「胡蝶の夢」「竜馬がゆく」など、大河小説として知られる作品も数多くあります。高橋克彦は、その作品の中で、歴史的事実を丹念に調べ上げ、その時代を生き生きと描き出しています。また、高橋克彦は、人間の内面を深く掘り下げ、その複雑な心理を巧みに表現しています。

高橋克彦の作品は、その高い文学性と、読者を引き込むストーリー展開で、多くの人々に愛されています。高橋克彦は、日本の文壇を代表する作家の一人であり、その作品は、これからも多くの人々に読み継がれていくことでしょう。

渡辺謙・村上弘明ほかが出演

渡辺謙・村上弘明ほかが出演

渡辺謙・村上弘明ほかが出演

「炎立つ」は、司馬遼太郎の同名小説を原作とする、NHK大河ドラマ第29作である。1993年1月10日から12月12日まで放送された。全50回。

主演は渡辺謙。奥州藤原氏の初代当主、藤原清衡を演じた。村上弘明は、清衡の父、藤原経清を演じた。

このほか、中井貴一、真田広之、松坂慶子、藤谷美和子、田中裕子、森光子などが出演した。

「炎立つ」は、奥州藤原氏の三代、清衡、基衡、秀衡の物語である。清衡は、源頼朝の挙兵に応じて、奥州から上洛し、源氏方の武将として戦った。

基衡は、清衡の死後、奥州藤原氏の二代当主となった。源頼朝と対立し、奥州合戦で敗死した。

秀衡は、基衡の死後、奥州藤原氏の三代当主となった。源頼朝と和睦し、奥州を治めた。

「炎立つ」は、奥州藤原氏の栄華と衰退を描いた、壮大な歴史ドラマである。

タイトルとURLをコピーしました