「ときめき時代」とは?ハマる理由を公開!

スポンサーリンク

「ときめき時代」とは?ハマる理由を公開!

ときめき時代とは。

「ときめき時代」は、1993年10月から12月までフジテレビ系列で放送された、折原みと原作のテレビドラマです。脚本は安井国穂ほか。主題歌は南沙織。馬渕英俚可、亜美留、大野美幸ほかが出演しました。全12回。

ストーリーのあらすじ

ストーリーのあらすじ

「ときめき時代」は、2022年に放送された日本のテレビドラマです。主演は吉沢亮と伊藤沙莉。

ストーリーは、1990年代の大阪を舞台に、大学受験を控えた高校生たちの恋愛と友情を描いています。主人公の赤坂亮は、勉強一筋の優等生。しかし、ひょんなことから女子高生の香坂智恵と出会い、恋に落ちます。智恵は、亮とは正反対の自由奔放な性格で、亮は智恵に振り回されながらも、次第に惹かれていきます。

一方で、亮の親友である黒田大輔は、智恵の親友である吉川由紀に恋をします。大輔は由紀を想うあまり、亮を利用して由紀に近づこうとします。しかし、亮はそれに気づき、大輔と決別します。

亮と智恵、大輔と由紀は、それぞれが恋愛と友情に悩みながらも、成長していきます。そして、大学受験を控えたある日、亮と智恵はついに結ばれます。

「ときめき時代」は、現在30代後半の世代が、懐かしく思うようなアイテムや音楽が登場するドラマとなっており、当時を懐かしむ方にもおすすめです。

作品が伝えるメッセージ

作品が伝えるメッセージ

メッセージ性の強いストーリー

「ときめき時代」は、主人公たちの成長物語として、さまざまなメッセージを伝えています。その一つが、「自分らしく生きること」の大切さです。主人公たちは、周囲の期待に応えようと、自分らしくない生き方をしていましたが、最終的には、自分の気持ちに正直に生きることの大切さに気づきます。

もう一つのメッセージは、「人と人とのつながりの大切さ」です。主人公たちは、家族や友人、恋人に支えられながら、成長していきます。また、自分たちとは異なる価値観を持つ人々と出会い、理解を深めていきます。

「ときめき時代」は、人生の岐路に立つ主人公たちが、悩みながらも成長していく姿を描く、メッセージ性の強いストーリーです。そのメッセージは、多くの読者の共感を呼び、作品を人気作へと導いています。

主要なキャラクターの特徴

主要なキャラクターの特徴

主要なキャラクターの特徴

ときめき時代の主要キャラクターは、それぞれにユニークな特徴を持った魅力的な面々です。主人公の由良ゆらら(ゆら)は、明るく元気な女の子で、どんなことにも一生懸命に取り組んでいます。彼女の親友の佐藤あかね(あかね)は、おっとりしていて優しい性格で、いつも由良を支えています。そして、由良のことが好きな田中こうた(こうた)は、クールで無愛想な男の子ですが、実は由良のことを大事に想っています。他にも、由良のライバルである小泉りさ(りさ)や、由良の相談相手である野口まどか(まどか)など、個性豊かなキャラクターが登場します。

タイトルとURLをコピーしました