「ええじゃないか」とは?

スポンサーリンク

「ええじゃないか」とは?

ええじゃないかとは。

「ええじゃないか」とは、日本のポピュラー音楽である。男性アイドルグループ、ジャニーズWESTが2014年にリリースした楽曲である。作詞は岩崎貴文とmildsalt、作曲は岩崎貴文が担当している。

「ええじゃないか」の概要と背景

「ええじゃないか」の概要と背景

「ええじゃないか」とは、1867年に日本各地で発生した民衆運動である。突然踊り狂い、集団で練り歩くことから「ええじゃないか踊り」とも呼ばれる。この運動は、慶応3年10月23日(1867年12月8日)に、伊勢神宮の門前町である宇治山田(現在の三重県伊勢市)で始まり、瞬く間に全国に広がった。

運動の背景には、幕末の動乱や、新政府の政策に対する不満などがあった。また、当時の日本では、コレラや天然痘などの疫病が流行しており、人々は不安と恐怖の中にあった。こうした中で、「ええじゃないか」は人々の鬱憤や不安を晴らすための「祭り」のようなものであったと推測される。

「ええじゃないか」の特徴と人気の理由

「ええじゃないか」の特徴と人気の理由

「ええじゃないか」の特徴と人気の理由

「ええじゃないか」は、1867年に発生した日本各地を席巻した民衆運動です。庶民が「ええじゃないか」を唱えながら踊り狂うというもので、その熱狂は社会現象となりました。「ええじゃないか」には、さまざまな特徴と人気の理由があります。

まず、「ええじゃないか」は、その突然性の高さです。この運動は、ある日突然発生し、みるみるうちに全国に広がりました。その原因は、はっきりとはわかっていませんが、当時の閉塞感や不安感が関係していたのではないかと考えられています。

「ええじゃないか」の特徴の2つ目は、その無目的なことです。この運動には、明確な目的や要求はありませんでした。ただ、人々が「ええじゃないか」を唱えながら踊り狂うというだけで、それが何を意味するのかは、誰にも分かりませんでした。

「ええじゃないか」の特徴の3つ目は、そのエネルギーの高さです。この運動には、庶民のエネルギーが爆発的に放出されました。人々は、朝から晩まで踊り狂い、その中には、何日も踊り続けて倒れてしまう人もいました。

「ええじゃないか」が人気を博した理由は、庶民にとってのガス抜きとなったことが挙げられます。当時の庶民は、厳しい身分制度や重い税金に苦しんでいました。「ええじゃないか」の運動では、こうした不満や不安を爆発的に発散することができたのです。

また、「ええじゃないか」には、人々を団結させる力がありました。この運動に参加した人々は、身分や年齢、性別を問わず、皆が平等でした。人々は、踊り狂うことで一体感を感じ、社会の閉塞感や不安感を打破することができたのです。

「ええじゃないか」が与えた影響と評価

「ええじゃないか」が与えた影響と評価

「ええじゃないか」が与えた影響と評価

「ええじゃないか」の流行は、当時の人々に大きな影響を与えました。人々は「ええじゃないか」と唱えながら踊り狂い、社会の秩序は乱れました。また、「ええじゃないか」の流行は、各地で打ち壊しや放火などの暴動を引き起こしました。さらに、「ええじゃないか」の流行は、人々の迷信や宗教心を煽り、世の中は混乱状態に陥りました。

「ええじゃないか」の流行は、さまざまな評価を受けています。一説には、「ええじゃないか」は、人々が社会の抑圧から解放された瞬間であり、民衆のエネルギーが爆発した結果であると評価されています。一方で、「ええじゃないか」は、日本人の迷信や宗教心を利用した、政府による民衆統制の手段であると評価する人もいます。

「ええじゃないか」の流行は、江戸時代末期の日本の社会を大きく揺るがした事件でした。そして、「ええじゃないか」の流行は、現代の日本にもさまざまな影響を与えています。たとえば、「ええじゃないか」の流行は、日本の民俗学や社会学の研究に影響を与えています。また、「ええじゃないか」の流行は、日本の芸術や文学にも影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました