フェイク・プラスティック・トゥリーズの全貌

スポンサーリンク

フェイク・プラスティック・トゥリーズの全貌

フェイク・プラスティック・トゥリーズとは。

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、イギリスのロックバンド、レディオヘッドが1995年に発表したセカンド・アルバム「ザ・ベンズ」からのシングル曲です。アコースティックなバラード曲であり、「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲の第385位に選ばれました。原題は《FakePlasticTrees》です。

楽曲解説

楽曲解説

楽曲解説

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、レディオヘッドの2枚目のアルバム『The Bends』のオープニングトラックです。Thom Yorkeが作詞・作曲し、バンド全員で演奏しています。この曲は、ピアノ、ギター、ストリングス、エレクトロニクスを駆使した複雑で層の厚いサウンドが特徴です。歌詞は、プラスチック製の偽物の木が与える不自然さと、それが人間関係の空虚さを反映しているという考えを扱っています。

この曲は、レディオヘッドの最も人気のある曲のひとつであり、批評家からも賞賛されています。Pitchforkは、「この曲は、レディオヘッドのベストソングのひとつであり、バンドのキャリアの中で最も暗い曲のひとつでもある」と述べています。The Guardianは、「この曲は、レディオヘッドの最もエッジーで、最も物議を醸す曲のひとつであり、バンドの最も象徴的な曲のひとつでもある」と述べています。

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、レディオヘッドのライブの定番曲であり、バンドは、この曲をさまざまなアレンジで演奏しています。この曲は、2001年のコンピレーションアルバム『Amnesiac』にアコースティック・バージョンが収録されています。また、この曲は、2006年のライヴアルバム『In Rainbows – From the Basement』にも収録されています。

チャート成績

チャート成績

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、1995年にリリースされたレディオヘッドのデビュー・アルバム「パブロ・ハニー」に収録された楽曲である。同曲は、イギリスのシングルチャートで最高20位を記録し、バンドにとって初のトップ20入りとなった。また、アメリカのビルボード・モダン・ロック・トラックチャートでも最高20位を記録している。

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、主にアコースティックギターとエレクトリックギターを主体とした、穏やかなミドルテンポの楽曲である。同曲は、トム・ヨークの憂鬱で内省的なボーカルと、ジョニー・グリーンウッドの複雑でメロディックなギターソロが特徴である。歌詞は、虚無感や疎外感、そして偽りの希望について歌っている。

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、レディオヘッドの初期の代表曲のひとつとして知られており、ライブでも頻繁に演奏されている。同曲は、多くの批評家から絶賛されており、NME誌は「レディオヘッドの最高傑作のひとつ」と評している。

カバー曲

カバー曲

カバー曲

「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、多くのアーティストによってカバーされてきました。最も有名なカバー曲のひとつは、2001年にリリースされたブライアン・アダムスのバージョンです。アダムスのバージョンは、オリジナルよりもロック調のアレンジになっており、アダムスのパワフルなボーカルが印象的です。

他の注目すべきカバー曲としては、2003年にリリースされたケイティ・メルアのバージョンがあります。メルアのバージョンは、オリジナルよりもアコースティックなアレンジになっており、メルアの儚げなボーカルが曲の美しさを際立たせています。

また、2010年にリリースされたエド・シーランのバージョンも人気があります。シーランのバージョンは、オリジナルよりもポップなアレンジになっており、シーランの伸びやかなボーカルが印象的です。

これら以外にも、「フェイク・プラスティック・トゥリーズ」は、さまざまなアーティストによってカバーされてきました。それだけこの曲が、多くのアーティストに愛されているということでしょう。

タイトルとURLをコピーしました