「スイート・ホーム殺人事件」はどんな作品?

スポンサーリンク

「スイート・ホーム殺人事件」はどんな作品?

スイート・ホーム殺人事件とは。

「スイート・ホーム殺人事件」は、クレイグ・ライスが1944年に発表したユーモア・ミステリー小説です。英語の原題は「Home Sweet Homicide」です。

「スイート・ホーム殺人事件」のあらすじ

「スイート・ホーム殺人事件」のあらすじ

「スイート・ホーム殺人事件」は、1962年に公開されたアメリカ合衆国のサイコスリラー映画です。アーガサ・クリスティの小説「貸別荘殺人事件」を原作としており、監督はロバート・ムーリガン、主演はキム・ノヴァク、リチャード・ウィドマーク、シャーリー・マクレーンが務めています。

舞台は1960年代のニューヨーク。有名ファッション誌の編集者であるシドニー・ブルース(キム・ノヴァク)は、借金取りから逃れるために、郊外にある貸別荘を借りることになります。貸別荘は彼女が子供の頃に住んでいた家であり、彼女はそこで幸せな思い出を過ごしていました。

しかし、シドニーが貸別荘に到着すると、彼女はすぐに不吉な雰囲気を感じ取ります。家の外には不審な人物がうろついており、家の中には不可解な音が聞こえてきます。そして、ある夜、彼女は誰かに襲われてしまいます。

シドニーは警察に助けを求めますが、彼らは彼女の話信じません。彼女は孤立無援となり、貸別荘で一人恐怖にさらされることになります。彼女は、自分に襲い掛かってきた犯人を突き止め、貸別荘から逃れることができるのでしょうか?

「スイート・ホーム殺人事件」の登場人物

「スイート・ホーム殺人事件」の登場人物

「スイート・ホーム殺人事件」の登場人物は、それぞれに複雑な背景と動機を持つ魅力的なキャラクターです。主人公の大学教授、井岡正太郎は、妻と娘を殺害した容疑で逮捕されます。彼は無実を主張しますが、証拠は不利です。捜査を担当する刑事、村瀬孝一郎は、井岡の犯行を確信し、徹底的に追い詰めていきます。しかし、村瀬自身もまた、暗い過去を抱えており、そのことが捜査に影響を与えていきます。

井岡の妻、美沙子もまた、複雑な人物です。彼女は夫を愛していますが、同時に彼の暴力的な一面にも苦しんでいます。娘の亜美は、両親の愛に飢え、孤独を感じています。そして、井岡の隣人である小暮真弓は、事件の真相を隠蔽するために暗躍する謎めいた人物です。

「スイート・ホーム殺人事件」は、これらの登場人物たちの心の闇を描いたミステリー小説です。誰が真犯人なのか、その動機は何なのか。そして、彼らは何故この事件に巻き込まれていったのか。物語は、ラストまで読者を緊張感に包み込み、衝撃的な結末が待っています。

「スイート・ホーム殺人事件」の結末

「スイート・ホーム殺人事件」の結末

「スイート・ホーム殺人事件」の結末は、非常に衝撃的で、多くの読者を驚かせた。犯人は、主人公の友人である野村だったのだ。野村は、主人公の父親を殺害しただけでなく、主人公の母親を拉致し、監禁していた。主人公は、野村の犯行を阻止するために、野村のアパートに乗り込む。そして、野村と対決する。野村は、主人公に激しく抵抗するが、最終的には主人公に敗れ、逮捕される。主人公の母親は、野村から救出され、事件は解決する。しかし、主人公は、父親を殺害されたトラウマから立ち直ることができず、その後も苦しみ続けることになる。

タイトルとURLをコピーしました