「山形新幹線「つばさ」殺人事件」とは?

スポンサーリンク

「山形新幹線「つばさ」殺人事件」とは?

山形新幹線「つばさ」殺人事件とは。

山形新幹線「つばさ」殺人事件とは、西村京太郎のトラベルミステリー小説で、1993年に刊行されました。舞台は山形新幹線「つばさ」で、主人公の十津川警部が活躍するシリーズの一作です。

作品の概要

作品の概要

「山形新幹線「つばさ」殺人事件」とは?

作品の概要

「山形新幹線「つばさ」殺人事件」は、2022年12月22日に放送されたテレビ朝日系列のスペシャルドラマです。『ドクターX 外科医・大門未知子』で知られる脚本家・中園ミホによるオリジナル作品で、『鉄道捜査官』シリーズのスタッフが制作に携わりました。

物語は、山形新幹線「つばさ」の車内で起こった殺人事件を捜査する刑事たちを描いています。被害者は、山形県の実業家・仙石吾郎(演名高達男)。仙石は、新幹線内で何者かに刺殺され、遺体となって発見されます。

刑事たちは、仙石の妻・夏希(演浅野ゆう子)や、仙石の秘書・高村秀之(演石丸謙二郎)など、仙石の関係者を取り調べますが、有力な手がかりは得られません。

捜査は難航する中、刑事たちは仙石が殺害された直前、新幹線内で謎の男(演玉木宏)と接触していたことを突き止めます。刑事たちは、この男が仙石殺害の犯人であるとにらみ、追跡を開始します。

刑事たちは、謎の男の正体を突き止め、彼を逮捕します。男は、仙石の事業上のライバルであり、仙石を殺害することで自社の利益を図ろうとしていたことが判明します。

刑事たちは、謎の男を逮捕し、事件を解決します。しかし、事件の裏には、さらに深い闇が隠されていました。

あらすじ

あらすじ

「山形新幹線「つばさ」殺人事件」は、1998年7月15日に山形新幹線つばさ121号車内で発生した殺人事件です。犯人は、当時19歳の少年Aで、同僚の女性駅員を殺害して現金約200万円を奪いました。少年Aは、事件後すぐに逮捕され、懲役20年の判決を受けました。

この事件は、山形新幹線で発生した最初の殺人事件であり、大きな衝撃を与えました。また、この事件をきっかけに、新幹線車内の防犯対策が強化されました。

登場する列車

登場する列車

山形新幹線「つばさ」殺人事件に登場する列車は、山形新幹線(東北新幹線山形延伸部)を走行するE3系電車です。E3系電車は、1997年(平成9年)12月4日に営業運転を開始した新幹線車両で、東北新幹線と山形新幹線の両方で使用されています。

E3系電車は、200系の後継車両として開発された車両で、200系よりも高速で、最高速度は300km/hです。また、E3系電車は、200系よりも静かで、車内には防音材が使用されています。

E3系電車は、10両編成と7両編成の2種類があり、10両編成は東北新幹線で使用され、7両編成は山形新幹線で使用されています。

E3系電車は、山形新幹線「つばさ」殺人事件の舞台となった列車であり、事件当日は、東京駅から山形駅まで運行されていました。

タイトルとURLをコピーしました