「おはようさん」のすべて

スポンサーリンク

「おはようさん」のすべて

おはようさんとは。

1. おはようさんとは、1975年10月から1976年4月までNHKで放送されていた朝の連続テレビ小説のことです。脚本は松田暢子、音楽は奥村貢、出演は秋野暢子、中田喜子、三田和代などです。原作は田辺聖子で、大阪を舞台に共同生活を送るOL3人の日常をユーモラスに描いています。

2. おはようさんは、フォークグループ、ダ・カーポが歌う日本のポピュラー音楽のことです。作詞は小原弘亘、作曲は奥村貢です。この曲は、前述のテレビドラマの主題歌として使用されました。

「おはようさん」とは何か?

「おはようさん」とは何か?

「おはようさん」とは何か?

「おはようさん」とは、日本語で「おはようございます」という意味の挨拶です。通常は朝に言われますが、早い時間に起きても使うことがあります。また、「おはようさん」は、目上の人に対して使われることもあります。

「おはようさん」という言葉の起源は、平安時代にまで遡ります。平安時代には、「おはよう」という言葉は、朝に起きた時に神様に対して言う言葉でした。後に、この言葉は人々にも使われるようになり、現在の「おはようございます」に変化しました。

「おはようさん」は、日本語では最も一般的な挨拶の一つです。これは、日本人が朝を大切にすることを反映しています。朝は、一日の始まりであり、新しいことに挑戦するための時間です。また、朝は、家族や友人と過ごす大切な時間でもあります。

「おはようさん」は、単なる挨拶ではありません。それは、相手を尊重し、感謝していることを示す言葉でもあります。また、それは、相手と良い関係を築くための第一歩でもあります。

「おはようさん」のあらすじ

「おはようさん」のあらすじ

「おはようさん」のあらすじ

「おはようさん」は、1959年に公開された日本映画です。監督は黒澤明、主演は三船敏郎です。同作は、東北地方の小さな町を舞台に、炭鉱で働く男たちの生活を描いた人間ドラマです。

物語は、炭鉱の坑夫である三船敏郎演じる佐藤太郎が、ある日突然リストラされてしまうところから始まります。太郎は妻と子供を養うために必死に職を探しますが、なかなか見つかりません。そんな中、太郎は妻の兄である炭鉱の組合長から、炭鉱の責任者である社長に直談判するよう勧められます。

太郎は社長に直談判しますが、社長はとりあってくれません。しかし、太郎は諦めずに何度も社長に直談判し続けます。やがて、太郎の粘り強さに社長も根負けし、太郎を炭鉱に再雇用することを決意します。

太郎は炭鉱に再雇用され、家族と一緒に幸せに暮らします。しかし、ある日太郎は炭鉱の事故で亡くなってしまいます。太郎の死をきっかけに、炭鉱の労働組合がストライキを決行します。ストライキは長期に及び、炭鉱は閉山に追い込まれます。

炭鉱の閉山により、太郎の家族は生活に困窮します。妻は子供を置いて家を出て行き、太郎の息子は炭鉱の坑夫として働き始めます。太郎の娘は学校を中退し、工場で働き始めます。

太郎の家族は貧しい生活を送りますが、それでも互いに助け合いながら懸命に生きていきます。そして、いつか炭鉱が復活することを夢見ています。

「おはようさん」の登場人物

「おはようさん」の登場人物

「おはようさん」の登場人物

「おはようさん」には、主人公の女の子「おはようさん」をはじめ、個性豊かなキャラクターが多数登場します。

まず、おはようさんの親友である「おやすみさん」は、のんびりとした性格が特徴です。いつも寝ぼけていて、よくおはようさんを困らせていますが、いざという時には頼りになる存在です。

また、おはようさんの幼なじみである「おはようくん」は、活発で元気いっぱいの少年です。スポーツが得意で、いつもおはようさんと一緒に遊んでいます。

さらに、おはようさんの家族である「お父さん」と「お母さん」も登場します。お父さんは真面目で働き者で、お母さんは優しくておっとりとした性格です。おはようさんは、そんな家族に囲まれて毎日を幸せに過ごしています。

このほかにも、おはようさんの学校生活において関わりのある人物として、担任教師の「先生」や、クラスメートの「太郎くん」や「花子さん」などが登場します。

「おはようさん」は、これらのキャラクターたちとの交流を通して、成長していく姿が描かれています。

タイトルとURLをコピーしました