「さのさブルース」について

スポンサーリンク

「さのさブルース」について

さのさブルースとは。

さなさブルースは、1960年に発売された日本のポピュラー音楽です。女性歌手であり、日本の国民的歌手としても知られる美空ひばりが歌い、作詞は西条八十、作曲は米山正夫が担当しました。1960年に公開された映画「続べらんめえ芸者」で使用された楽曲としても知られています。

女流歌手の美空ひばりの歌「さのさブルース」をご紹介

女流歌手の美空ひばりの歌「さのさブルース」をご紹介

-「さのさブルース」について-

-女流歌手の美空ひばりの歌「さのさブルース」をご紹介-

「さのさブルース」は、女流歌手の美空ひばりが1966年にリリースしたシングル曲です。作詞は星野哲郎、作曲は船村徹が担当しました。

「さのさブルース」は、東北の古くからの民謡「さのさ」をモチーフにして作られた曲です。「さのさ」は、東北地方に伝わる盆踊りの唄で、その歌詞には、東北地方の風土を詠んだものが多いです。

「さのさブルース」も、東北地方の風土を詠んだ歌詞になっています。歌詞の中には、「さのさ」、「津軽」などの東北地方にちなんだ言葉が登場し、東北地方の風景や人々の暮らしが描かれています。

「さのさブルース」は、美空ひばりの代表曲のひとつであり、現在でも多くの人に愛されています。東北地方の風土を詠んだ歌詞と、美空ひばりの伸びやかな歌声が相まって、とても美しい曲に仕上がっています。

1960年発売の「さのさブルース」のヒットの秘密に迫る

1960年発売の「さのさブルース」のヒットの秘密に迫る

1960年発売の「さのさブルース」は、美川憲一さんにとって初めてのヒット曲となり、後に「ブルースの女王」と呼ばれるようになるきっかけとなった曲です。この曲は、当時流行していた舟木一夫さんの「高校三年生」に対抗して作られたと言われていますが、その独特なメロディーと歌詞が人々の心を掴み、大ヒットとなりました。

「さのさブルース」のヒットの秘密は、美川憲一さんの独特の歌唱スタイルにあると言われています。美川さんは、高音域を力強く歌い上げる歌唱法で知られていますが、この曲は美川さんの歌声の魅力を最大限に引き出しています。また、歌詞も当時としては珍しく、愛する男性への切ない想いをストレートに表現していることが、多くの人の共感を呼んだと言われています。

「さのさブルース」のヒットは、美川憲一さんのその後のキャリアに大きな影響を与えました。この曲をきっかけに、美川さんは多くのヒット曲を連発し、日本を代表する歌手の一人となりました。また、「さのさブルース」は、美川さんの代表曲として現在でも多くのファンに愛され続けています。

「さのさブルース」が使用された映画「続べらんめえ芸者」について

「さのさブルース」が使用された映画「続べらんめえ芸者」について

「さのさブルース」が使用された映画「続べらんめえ芸者」について

「さのさブルース」が使用された映画として有名なのが、「続べらんめえ芸者」である。この映画は、1972年に公開された人気シリーズ「べらんめえ芸者」の第二作である。「べらんめえ芸者」は、東京の下町を舞台に、芸者とやくざの世界を描く人情コメディである。続編である「続べらんめえ芸者」も同様のテーマを扱っており、芸者・お政(山本富士子)とやくざ・五郎(菅原文太)の恋模様が描かれる。

「さのさブルース」は、この映画のクライマックスシーンで使用され、お政と五郎の別れを盛り上げる重要な役割を果たしている。お政は、やくざの世界から足を洗って五郎と結婚することを決意するが、五郎は、お政を危険にさらしたくないと思い、別れを告げる。お政は、五郎との別れを悲しみながら、「さのさブルース」を歌いながら去っていく。

「さのさブルース」は、哀愁漂うメロディーと歌詞が特徴的な楽曲で、映画「続べらんめえ芸者」のクライマックスシーンにぴったりと合っている。お政と五郎の別れをよりドラマチックに演出しており、映画をより感動的なものとしている。

タイトルとURLをコピーしました