噺「山崎屋」とは?あらすじ・登場人物・見どころ

スポンサーリンク

噺「山崎屋」とは?あらすじ・登場人物・見どころ

山崎屋とは。

「山崎屋」は、古典落語の演目の一つです。元々は「よかちょろ」という演目と合わせて一つの噺でしたが、それぞれが独立して演じられるようになりました。

あらすじ

あらすじ

あらすじ

噺「山崎屋」は、江戸時代の町を舞台にした人情噺です。

主人公は、山崎屋という呉服屋を営む山崎屋治兵衛という男です。治兵衛は、生真面目な性格で、仕事に厳しく、家族にも厳しい男です。ある日、治兵衛の店に、一人の若い娘がやって来ます。娘は、治兵衛の店に奉公したいと頼みます。治兵衛は、娘の熱意にほだされ、娘を奉公人として雇うことにします。

娘は、お染という名前で、働き者で、気の利く娘でした。お染は、たちまち治兵衛の信頼を得て、店を切り盛りするようになります。しかし、ある日、お染が店のお金を持ち逃げしてしまいます。治兵衛は、お染を許すことができず、お染を店から追い出してしまいます。

お染は、店を追い出された後、行き場を失い、浮浪者となってしまいます。お染は、ある日、橋の上で物乞いをしていたところ、治兵衛に再会します。治兵衛は、お染の姿を見て、お染を許し、お染を店に連れ戻します。

お染は、店に連れ戻された後、再び働き者となり、治兵衛の信頼を取り戻します。お染は、治兵衛の妻となり、二人は幸せに暮らしました。

見どころ

見どころ

-見どころ-

「山崎屋」の見どころは、何といっても主人公・山崎屋多左衛門のキャラクターです。多左衛門は、一見すると頑固で融通の利かない人物ですが、実は人情味にあふれた心優しい男です。そんな多左衛門が、恋のために奮闘する姿は、思わず応援したくなります。

また、多左衛門を演じる落語家の腕も聞きどころです。落語にはさまざまな演目がありますが、「山崎屋」は特にベテラン落語家に人気の演目です。ベテラン落語家が演じる「山崎屋」は、その噺の面白さを最大限に引き出し、観客を魅了します。

さらに、「山崎屋」は、落語の演目としては珍しく、男女の恋愛が描かれています。そのため、落語初心者の方でも、ストーリーに入り込みやすい演目となっています。落語を初めて聴く方にも、「山崎屋」はおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました