永遠の名曲「シクラメンのかほり」のすべて

スポンサーリンク

永遠の名曲「シクラメンのかほり」のすべて

シクラメンのかほりとは。

「シクラメンのかほり」は、1975年に発売された日本のポピュラーソングです。作詞・作曲は小椋佳、歌は男性歌手、布施明が担当しました。この曲は、第17回日本レコード大賞と第8回日本作詩大賞を受賞し、その年のオリコン年間シングルチャートで第2位を獲得しました。

「シクラメンのかほり」誕生秘話

「シクラメンのかほり」誕生秘話

「シクラメンのかほり」誕生秘話

「シクラメンのかほり」は、1981年にリリースされた小坂明子の楽曲である。リリース直後からヒットし、累計売上は200万枚を超えた。また、1982年の第23回日本レコード大賞を受賞した。

「シクラメンのかほり」は、小坂明子と大瀧詠一との共作で生まれた楽曲である。大瀧詠一は、当時、小坂明子のプロデュースを担当していた。大瀧詠一は、小坂明子の声に合う楽曲を模索していたところ、ある日、彼女が「シクラメン」という花について話しているのを耳にした。大瀧詠一は、その話をヒントに、「シクラメンのかほり」のメロディーを思いついた。

小坂明子は、大瀧詠一のメロディーを気に入り、歌詞を書き始めた。小坂明子は、歌詞を書くにあたって、自分の恋愛体験を思い浮かべたという。彼女は、失恋の痛みをシクラメンの花に重ね合わせ、切ない歌詞を書き上げた。

「シクラメンのかほり」は、小坂明子の歌声と大瀧詠一のメロディー、そして小坂明子の歌詞が三位一体となった名曲である。この曲は、多くの人々の心に響き、今もなお歌い継がれている。

曲に込められた意味とは?

曲に込められた意味とは?

作詞家・阿久悠の膨大な詞を代表する名曲の一つ、「シクラメンのかほり」は、1981年に小坂明子のデビュー曲としてリリースされた。この曲は、切ないメロディと繊細な言葉が特徴のバラードで、発売と同時に大ヒットとなった。

「シクラメンのかほり」の歌詞は、阿久悠が彼の妻タモリのために書いたもので、二人の愛の物語を歌っている。彼は妻を「シクラメン」に例え、彼女の美しさ、優しさ、そして強い意志を称賛している。

曲の冒頭で、主人公は恋人との待ち合わせ場所に向かう途中で「シクラメン」の花を見かける。それを見て、彼女を思い出した主人公は、二人の愛の思い出を振り返りながら、彼女への想いを歌い上げる。

サビの部分では、主人公は「シクラメン」の花の香りに包まれながら、恋人と過ごす幸せな時間を思い描く。彼は「シクラメンのかおり」を「愛の香り」と表現し、二人の愛が永遠であることを祈っている。

「シクラメンのかほり」は、愛の美しさと儚さを歌った名曲である。その詩的な歌詞と繊細なメロディは、多くの人々の心を魅了し、今もなお歌い継がれている。

「シクラメンのかほり」が愛される理由

「シクラメンのかほり」が愛される理由

「シクラメンのかほり」が愛される理由はいくつかあります。まず、その美しいメロディーと歌詞です。メロディーは優しく穏やかで、歌詞は愛する人への想いを切々と歌い上げています。また、この曲は松田聖子のデビュー曲であり、彼女のフレッシュな歌声も魅力です。

さらに、この曲は様々なドラマや映画で使用されたため、多くの人にとって馴染みのある曲となっています。ドラマや映画の中で、この曲が流れると、その情景が鮮やかに浮かんでくるという人も多いでしょう。

また、この曲は卒業ソングとして定番の曲となっており、毎年春になると、多くの学校で歌われています。卒業式のシーズンになると、この曲を聴くと、学生時代を懐かしく思う人も多いのではないでしょうか。

このように、「シクラメンのかほり」は、その美しいメロディーと歌詞、松田聖子の歌声、そして様々なドラマや映画で使用されたこと、卒業ソングとして定番となっていることなど、多くの理由から愛されている曲なのです。

タイトルとURLをコピーしました