映画オール・ザ・キングスメン – 2つのバージョン

スポンサーリンク

映画オール・ザ・キングスメン – 2つのバージョン

オール・ザ・キングスメンとは。

オール・ザ・キングスメンは、1949年に公開されたアメリカ映画です。ロバート・ペン・ウォーレンの小説「すべての王の臣」をもとに、ロバート・ロッセン監督がメガホンを取りました。ブロデリック・クロフォード、ジョン・アイアランド、ジョーン・ドルー、マーセデス・マッケンブリッジらが出演しています。この映画は、第22回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞(ブロデリック・クロフォード)、助演女優賞(マーセデス・マッケンブリッジ)を受賞しました。

2006年には、この映画のリメイク版が公開されました。スティーブン・ザイリアンが監督を務め、ショーン・ペン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、アンソニー・ホプキンスらが出演しています。

元祖1949年版:ロバート・ロッセン監督

元祖1949年版:ロバート・ロッセン監督

1949年版の『オール・ザ・キングスメン』は、ロバート・ロッセン監督、ブロデリック・クロフォード主演のアメリカ映画です。この映画は、ロバート・ペンの1946年の同名小説を原作としており、ルイジアナ州を舞台に、新聞記者ウィリー・スタークの権力闘争を描いています。

本映画は、1949年のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞(クロフォード)、助演女優賞(マーセデス・マッケンブリッジ)、脚本賞、作曲賞の5部門を受賞するなど、高い評価を受けました。また、アメリカ映画協会の「アメリカ映画100年100本」にも選出されるなど、アメリカ映画史に残る名作として知られています。

2006年リメイク版:スティーブン・ザイリアン監督

2006年リメイク版:スティーブン・ザイリアン監督

2006年のリメイク版は、スティーブン・ザイリアンが監督を務めた。ザイリアンは、脚本家としてアカデミー賞を3度受賞しており、監督としてはこれがデビュー作となった。

映画は、ジャック・ペンデルトンをショーン・ペンが、ウィリー・スタークをジュード・ロウが演じている。このリメイク版は、多くの批評家から賞賛され、アカデミー賞で4部門にノミネートされ、そのうち3部門で受賞した。

ザイリアンの監督としてのデビュー作となったこの映画は、批評家から賞賛され、多くの映画賞にノミネートされた。ザイリアンは、映画の脚本と監督の両方を担当し、彼の巧みな演出と脚本は、この映画を成功に導いた。

ザイリアンは、この映画で、権力と腐敗というテーマを巧みに描いた。映画は、権力が人を腐敗させるというメッセージを強く打ち出しており、観客に強い印象を与える。

ザイリアンの監督としてのデビュー作となったこの映画は、多くの批評家から賞賛され、多くの映画賞にノミネートされた。ザイリアンは、映画の脚本と監督の両方を担当し、彼の巧みな演出と脚本は、この映画を成功に導いた。

原作小説の深い洞察と政治ドラマの権力闘争

原作小説の深い洞察と政治ドラマの権力闘争

映画「オール・ザ・キングスメン」は、ロバート・ペン・ウォレンの同名のピューリッツァー賞受賞小説を原作とした政治ドラマです。映画の2つのバージョンがあります。最初のバージョンは1949年に公開され、メリル・ハードとロバート・ロッセンが監督を務めました。2つ目のバージョンは2006年に公開され、スティーブン・ザイリアンが監督を務めました。

2つのバージョンはどちらも、政治家ウィリー・スターク氏の台頭と没落を描いています。スターク氏はルーズベルト大統領の新政政策を模倣したニューディール政策を掲げる政治家です。スターク氏は腐敗した政治家たちを倒し、州の政治を改革することを約束します。しかし、スターク氏は権力を獲得するにつれて、当初の理想から逸れていきます。彼は独裁的になり、権力を維持するために汚職に手を染めていきます。

2つの映画は、スターク氏の権力闘争と堕落を、やや異なる視点から描いています。1949年のバージョンは、スターク氏の物語をよりロマンチックに描いています。スターク氏は英雄的な主人公として描かれ、彼の動機は同情的に描かれています。2006年のバージョンは、スターク氏の物語をより批判的に描いています。スターク氏は野心的で無慈悲な権力者として描かれ、彼の動機は自己利益に基づいていることが示唆されています。

どちらのバージョンも、映画的質の高い作品であり、政治と権力の腐敗に関する洞察を提示しています。1949年のバージョンは、古典的な政治ドラマであり、現在でもその価値を維持しています。2006年のバージョンは、より現代的な視点からスターク氏の物語を描いており、スターク氏のキャラクターをより批判的に見ています。

2つのバージョンを比較すると、政治と権力の腐敗に関する洞察が異なることがわかります。1949年のバージョンは、スターク氏の物語をよりロマンチックに描いているため、彼の堕落はより悲劇的に描かれています。2006年のバージョンは、スターク氏の物語をより批判的に描いているため、彼の堕落はより避けられないものとして描かれています。

タイトルとURLをコピーしました