「愛、アムール」→ 愛と死の物語

スポンサーリンク

「愛、アムール」→ 愛と死の物語

愛、アムールとは。

「愛、アムール」は、2012年にフランス、ドイツ、オーストリアの合作で製作された映画です。原題は「Amour」で、ミヒャエル・ハネケ監督、ジャン=ルイ・トランティニャンさんとエマニュエル・リヴァさんが主演を務めました。

この映画は、第85回アカデミー賞で作品賞にノミネートされ、外国語映画賞を受賞しました。また、第65回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞し、第38回フランスのセザール賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞を受賞しました。

あらすじと主要登場人物

あらすじと主要登場人物

「あらすじと主要登場人物」

「愛、アムール」は、フランスで製作されたドラマ映画です。2012年に公開され、アカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。監督はミヒャエル・ハネケ、主演はジャン=ルイ・トランティニャンとエマニュエル・リヴァです。

この映画は、パリに住む老夫婦の物語です。夫のジョルジュは85歳、妻のアンヌは82歳。2人は50年以上の結婚生活を送ってきていますが、最近、アンヌはアルツハイマー病を発症し、徐々に記憶を失い始めています。ジョルジュは、そんなアンヌを献身的に介護しますが、やがて、アンヌが自分自身で生きていくことが不可能になってしまいます。

ジョルジュは、アンヌを安楽死させることを決意します。しかし、それは法律違反であり、ジョルジュは逮捕される可能性があります。それでも、ジョルジュはアンヌに安楽死を施し、彼女を苦しみから解放します。

この映画は、愛と死をテーマにした衝撃的な作品です。ジョルジュとアンヌの夫婦愛は、とても感動的で、胸を打たれます。しかし、同時に、ジョルジュがアンヌを安楽死させるという決断は、非常に重いものでもあります。この映画は、私たちに愛と死について考えさせ、人生の意味について問い直すことを迫ります。

映画の主要登場人物は、ジョルジュとその妻アンヌの2人です。ジョルジュは、音楽教師を引退した老人で、アンヌは、大学教授を引退した老人です。2人は、パリのアパルトマンで一緒に暮らしています。ジョルジュは、アンヌの介護に献身的で、アンヌも、ジョルジュを深く愛しています。しかし、アンヌがアルツハイマー病を発症してからは、2人の生活は一変してしまいます。

監督・キャスト・受賞歴

監督・キャスト・受賞歴

-監督・キャスト・受賞歴-

「愛、アムール」は、ミヒャエル・ハネケ監督による2012年のフランス・オーストリア・ドイツ合作のドラマ映画である。主人公の老夫婦をジャン=ルイ・トランティニャンとエマニュエル・リヴァが演じ、愛と死の物語が描かれている。

ハネケ監督は、この映画で2012年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞した。また、アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、英国アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。

主演のジャン=ルイ・トランティニャンは、この映画での演技でセザール賞主演男優賞を受賞した。エマニュエル・リヴァもまた、セザール賞主演女優賞にノミネートされた。

「愛、アムール」は、批評家から高い評価を受け、世界中で1億ドル以上の興行収入を上げた。また、多くの映画賞を受賞し、2010年代を代表する映画の一つとして挙げられている。

映画の見どころと感想

映画の見どころと感想

「映画の見どころと感想」

映画の中で描かれる時代ごとの恋人たちの愛の物語は、観る者の胸を打つものがあります。中世のフランスを舞台にした「トリスタンとイゾルデ」は、運命に翻弄される二人の悲恋を描いた物語です。美しい妻を持つ男性と、彼の親友との妻との間に禁断の恋が芽生えてしまいます。この二人の恋は、やがて悲劇的な結末を迎えることになります。

また、イギリスのヴィクトリア朝時代を舞台にした「ジェーン・エア」は、身分の差を越えた二人の愛の物語です。孤児のジェーンは、裕福な男性であるロチェスター氏に家庭教師として雇われます。二人は次第に惹かれ合い、愛し合うようになります。しかし、ロチェスター氏には秘密があり、その秘密が二人は結婚を阻むことになります。

そして、現代の日本を舞台にした「ラブストーリー」は、若者たちの恋愛模様を描いた物語です。大学生のハルと、彼の幼馴染であるアキは、お互いに好き合っているのですが、なかなか告白することができません。そんな中、ハルは他の女性と付き合ってしまうことになります。アキはハルに失望し、二人の関係は険悪なものになりかけてしまいます。しかし、やがてハルとアキは分かり合い、結ばれることになります。

これらの作品はどれも、愛と死が交錯する物語です。観る者の心を揺さぶり、考えさせられる作品ばかりです。

タイトルとURLをコピーしました