「蒼ざめた馬」の考察と解説

スポンサーリンク

「蒼ざめた馬」の考察と解説

蒼ざめた馬とは。

蒼ざめた馬は、1961年に英国の作家アガサ・クリスティが発表したミステリー小説です。原題は「ThePaleHorse」です。奇術師であるマークは、神父が撲殺された事件に興味を持ち、三人の魔女が住むという屋敷「蒼ざめた馬」に赴きます。

「蒼ざめた馬」のあらすじと背景

「蒼ざめた馬」のあらすじと背景

「蒼ざめた馬」のあらすじと背景

「蒼ざめた馬」は、アガサ・クリスティが1961年に発表した推理小説です。この物語の舞台はイギリスの田舎町、キングスマークハムです。主人公は、この町に引っ越してきたばかりの女性、マーク・アクロイド。彼女は、町で起こる不可解な連続殺人事件に巻き込まれていきます。

第一の被害者は、町の名士であるセス・グールド氏。彼は、自宅で何者かに殺害されました。第二の被害者は、グールド氏の姪であるフローラ・アボット。彼女は、グールド氏の邸宅で毒殺されました。第三の被害者は、アボット氏の友人であるロジャー・ダブスン。彼は、自宅で絞殺されました。

マークは、この連続殺人事件の捜査に協力することになります。彼女は、被害者たちの共通点を探し、犯人を特定しようとしていきます。マークは、調査を進めるうちに、町には多くの秘密が隠されていることに気づきます。そして、犯人の正体も明らかになっていきます。

「蒼ざめた馬」は、アガサ・クリスティの代表作の一つであり、彼女の緻密なトリックと巧みなストーリーテリングが光る作品です。この物語は、読者を最後まで飽きさせず、犯人が明らかになったときには衝撃を受けることでしょう。

「蒼ざめた馬」の登場人物紹介

「蒼ざめた馬」の登場人物紹介

「蒼ざめた馬」の登場人物紹介

「蒼ざめた馬」には、さまざまなキャラクターが登場します。その中で、特に重要な人物を以下にご紹介します。

* アダム・ダルグリーシュ警部
 ロンドン警視庁の警視で、物語の主人公。冷静沈着で知性的な人物で、事件の真相を究明するために奔走する。

* マーガレット・レッドクリフ
 ダルグリーシュ警部の婚約者。美しく聡明な女性で、ダルグリーシュを支えながら事件に関わる。

* マーク・イーストラザース
 デインズファード大学の学生。穏やかな性格だが、事件に巻き込まれていく。

* サイモン・バンサン
 デインズファード大学の学生。マークの親友で、正義感の強い人物。

* タムシン・シャップランド
 デインズファード大学の学生。美しく人気のある女性だが、事件に巻き込まれる。

* ロジャー・ペイン
 デインズファード大学の学生。素行が悪く、トラブルメーカー的な存在。

* アーネスト・ハイド
 デインズファード大学の教授。神経質な性格で、事件に巻き込まれる。

* キャロライン・アームストロング
 デインズファード大学の教授。ハイドの婚約者で、事件に巻き込まれる。

「蒼ざめた馬」のトリックと結末解説

「蒼ざめた馬」のトリックと結末解説

-「蒼ざめた馬」のトリックと結末解説-

「蒼ざめた馬」は、アガサ・クリスティのミステリー小説です。1961年に最初に出版され、世界中の読者に愛されています。この小説は、4人の女性が謎の病気で亡くなるという事件を捜査するマーク・イースターブルック巡査部長の話です。

この小説のトリックは、4人の女性の死がすべて事故であるように思わせることです。しかし、イースターブルック巡査部長は、これらの死がすべて殺人であることを発見します。殺人は、女性たちがすべて同じ薬を服用していたという事実によって行われました。この薬は、女性たちを病気のように見せるが、実際には健康を害するものではありませんでした。

小説の結末は、イースターブルック巡査部長が殺人を犯した犯人を発見することです。犯人は、女性たちの夫であるセシル・アクロイドです。アクロイドは、妻が自分と離婚しようとしていることを知って、彼女を殺害しました。アクロイドは、逮捕され、裁判にかけられました。アクロイドは、有罪判決を受け、死刑となりました。

「蒼ざめた馬」は、巧妙なトリックと衝撃的な結末を持つミステリー小説です。この小説は、アガサ・クリスティの最高傑作の一つと考えられています。

タイトルとURLをコピーしました