英語で話すための日本図解事典

スポンサーリンク

英語で話すための日本図解事典

英語で話すための日本図解事典とは。

「英語で話すための日本図解事典」は、2009年に小学館から刊行された図解事典です。西蔭浩子さんとトム・ディランさんが著者となっており、日本の「地理」「風俗・習慣」「伝統文化」「スポーツ・娯楽」「社会」の5つのテーマについて、写真や図解を交えて、日本語と英語で解説しています。

本の概要

本の概要

英語で話すための日本図解事典は、英語を学ぶ人にとって必携の書です。初心者から上級者まで、幅広いレベルの英語学習者に役立つように作られています。

この本は、会話、文法、単語など、英語を話すために必要なすべてのトピックを網羅しています。また、イラストや図表を豊富に使っているので、視覚的に理解しやすく、英語を学ぶのが苦手な人でも無理なく学習することができます。

英語で話すための日本図解事典は、単なる参考書ではありません。英語を話すためのノウハウが満載の一冊です。英語を話すためのコツやテクニックが紹介されているので、英語を話すことに抵抗がある人でも、自然と英語を話せるようになります。

英語で話すための日本図解事典は、英語を話せるようになりたい人にとって、なくてはならない一冊です。ぜひ、この本を手に取って、英語を話す力を身につけましょう。

本の構成

本の構成

* -語彙- 本書は、テーマ別に整理された、12,000以上の語彙を掲載しています。各エントリには、その語彙の日本語、英語の発音、意味、例文が含まれています。また、関連する語彙やフレーズも併せて掲載しています。

* -文法- 本書は、英語の文法を詳細に解説しています。文法項目は、初級から上級まで、段階的に構成されています。各文法項目には、その文法の解説、例文、練習問題が含まれています。

* -会話- 本書は、実生活に基づいた会話文を多数掲載しています。会話文は、会話のシチュエーション別に整理されており、そのシチュエーションに適した会話文を学ぶことができます。また、会話文の日本語訳も併せて掲載しています。

* -文化- 本書は、英語圏の文化について解説しています。文化項目は、慣習、価値観、歴史など、幅広いトピックを扱っています。各文化項目には、そのトピックの解説、例文、練習問題が含まれています。

* -発音- 本書は、英語の発音を詳しく解説しています。発音項目は、子音、母音、イントネーションなど、幅広いトピックを扱っています。各発音項目には、その発音の解説、例文、練習問題が含まれています。

英語で話すための日本図解事典は、英語を体系的に学ぶことができる総合的な辞書です。英語学習者であれば、誰もが持っておきたい一冊です。

本の活用方法

本の活用方法

この本の活用方法

この本は、英語を話すための総合的なガイドです。初心者から上級者まで、あらゆるレベルの学習者に適しています。会話、ボキャブラリー、文法、発音など、英語のすべての側面をカバーしています。

この本を最大限に活用するには、次のヒントに従ってください。

* まず、自分のレベルに合った章から始めましょう。
* 各章を注意深く読んで、すべての例や練習問題をやりましょう。
* わからない単語やフレーズがあれば、辞書で調べましょう。
* 毎日練習する時間を確保しましょう。
* 英語を話す機会を見つけましょう。
* 間違っても気にしないでください。誰もが間違いを犯します。

この本を継続的に活用することで、英語を話す能力を向上させることができます。

タイトルとURLをコピーしました