「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」徹底解説

スポンサーリンク

「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」徹底解説

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇とは。

「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」は、2014年4月にバンダイナムコゲームスから発売されたシミュレーションロールプレイングゲームです。プレイステーション3とプレイステーションVitaに対応しています。このゲームには後篇として、「第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇」があります。

時獄篇の魅力と特徴

時獄篇の魅力と特徴

「第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇」は、2015年に発売されたシミュレーションRPGです。今作は、前作「第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇」の続編であり、時空を超えた壮大な物語が展開されます。

今作最大の特徴は、なんといっても登場するロボットの数が大幅に増加していることです。前作には100体以上が登場しましたが、今作ではその数を大幅に上回る200体以上のロボットが登場します。ガンダムシリーズ、マジンガーシリーズ、勇者シリーズなど、様々なアニメ作品からロボットが登場し、プレイヤーは自分だけのオリジナルチームを結成することができます。

また、今作では新しいシステム「時獄システム」が導入されています。このシステムは、過去の時間軸から仲間を呼び出して一緒に戦うことができるというものです。過去の時間軸から仲間を呼び出すことで、そのキャラクターの固有スキルや武器を手に入れることができます。このシステムをうまく活用することで、より強力なチームを結成することができるでしょう。

さらに、今作では新しいストーリーモード「時獄篇」が追加されています。このモードでは、主人公たちが時空を超えて様々な世界を旅しながら、謎の敵「時獄機構」と戦っていくことになります。時獄機構は、時間そのものを支配する組織であり、主人公たちは彼らの野望を阻止するために戦わなければなりません。

「第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇」は、前作の良さをさらに引き継ぎつつ、新しい要素を zahlreich追加した、まさにシリーズ最高峰の作品です。ロボット好きなら絶対にプレイしておきたいタイトルです。

システムや操作方法の解説

システムや操作方法の解説

「システムや操作方法の解説」

「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」では、これまでのシリーズを踏襲したシミュレーションRPGのシステムを採用し、プレイヤーは複数のユニットを操作して敵と戦う。ユニットの移動や攻撃は、グリッド状のマップ上でターン制で行われる。プレイヤーは、各ユニットの能力や武器を考慮しながら、戦略的に戦いを進めていく必要がある。

操作方法は、これまでのシリーズから大きく変更されていないため、シリーズ経験者であればすぐに慣れるだろう。移動や攻撃は、十字キーやボタンで行うことができ、メニュー画面もわかりやすくなっている。また、本作では、新しいシステムとして「時獄システム」が導入されている。このシステムでは、プレイヤーは過去や未来に移動することができ、そこで発生した出来事を変化させることができる。これにより、ゲームのシナリオに影響を与えることができるため、戦略的なプレイがさらに重要となっている。

登場する各キャラクターやロボットの紹介

登場する各キャラクターやロボットの紹介

「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」には、歴代シリーズのなかでも屈指のキャラクターとロボットが登場します。主人公の1人である風祭陣は、「機甲界ガリアン」の主人公であり、巨大ロボット・ガリアンを駆ります。また、もう1人の主人公であるマサキ・アンドーは、「マクロスプラス」の主人公であり、可変戦闘機・YF-19を駆ります。

他にも、「ガンダム」シリーズからはアムロ・レイやシャア・アズナブルなど、「マジンガーZ」シリーズからは兜甲児やマジンガーZなど、「ゲッターロボ」シリーズからは流竜馬やゲッターロボなど、スーパーロボットの歴史に残る名キャラクターたちが多数登場します。

ロボットも、それぞれの作品を代表する名機が揃っています。「ガリアン」からはガリアンと鉄巨神ガイキング、「マクロスプラス」からはYF-19とYF-21、「ガンダム」シリーズからはガンダムとシャア専用ザク、「マジンガーZ」シリーズからはマジンガーZとグレートマジンガー、「ゲッターロボ」シリーズからはゲッターロボとゲッターロボGなど、どれもファンにはたまらないラインナップです。

これらのキャラクターとロボットを操作して、プレイヤーは時空を超えた壮大な物語を体験することができます。

タイトルとURLをコピーしました