『愛の重さ』の魅力を解説

スポンサーリンク

『愛の重さ』の魅力を解説

愛の重さとは。

「愛の重さ」は、英国の作家アガサ・クリスティがメアリ・ウェストマコットのペンネームで書いたロマンス小説です。1956年に出版され、原題は「The Burden」です。「緋色の波紋」という邦題でも知られています。

『愛の重さ』の概要とあらすじ

『愛の重さ』の概要とあらすじ

『愛の重さ』の概要とあらすじ

『愛の重さ』は、重松清が2006年に発表した恋愛小説です。2008年に映画化され、主演は岡田将生と広末涼子が務めました。

主人公である直子は、27歳でOLとして働いていますが、容姿には恵まれず、恋愛経験もありません。そんなある日、直子は職場の先輩である松岡の車に轢かれてしまい、松岡は直子を病院に連れて行き看病をしてくれます。

松岡は直子に一目惚れしてしまい、猛烈にアプローチをかけます。直子は最初は松岡のことが好きではありませんでしたが、次第に松岡の優しさに惹かれていき、二人は付き合い始めます。

しかし、松岡は直子以外の女性とも関係を持っており、直子はそれを知ってしまいます。直子は松岡に問い詰めますが、松岡は素直に認めます。直子は松岡のことを許すことができず、二人は別れてしまいます。

その後、直子は30歳になり、仕事でも出世していきます。そして、ある日、直子は大学時代の先輩である田中に再会します。田中は直子にプロポーズし、二人は結婚します。

直子は田中と幸せに暮らしていましたが、ある日、松岡が直子の前に現れます。松岡は直子に復縁を迫りますが、直子はそれを拒否します。松岡は直子のことを諦めきれず、直子の職場に押しかけたり、直子の自宅に電話をかけたりするようになります。

直子は松岡のストーカー行為に悩まされ、警察に相談します。警察は松岡に警告を出しましたが、松岡はそれでも直子のことを諦めません。直子はついに耐えきれなくなり、松岡を殺害してしまいます。

直子は松岡を殺害した罪で逮捕され、裁判にかけられます。裁判では、直子のストーカー行為や殺害の動機が明らかになりますが、最終的には直子は無罪となります。

直子は松岡を殺害したことで罪を犯しましたが、同時に松岡のストーカー行為からも解放されました。直子は田中と新しい人生を歩み始めます。

作品に込められたメッセージ

作品に込められたメッセージ

『愛の重さ』は、愛の重さとは何か、そして愛する人が亡くなったとき、人はどのようにしてその喪失と向き合うのかをテーマにした作品です。この作品は、妻を亡くした男性が、彼女の死を受け入れ、新しい人生を歩み始めるまでの過程を描いています。

作品に込められたメッセージは、愛は時に重く、人を苦しめることもあるが、それでも愛することの価値はかけがえのないものであるということです。主人公は、妻を亡くして大きな悲しみに暮れますが、それでも彼女との思い出を大切にしながら、新しい人生を歩み始めます。この作品は、愛する人を失っても、その悲しみを乗り越えて、新しい人生を歩み始めることができるという希望を与えてくれます。

また、この作品は、愛することの重さだけではなく、愛されることの重さも描いています。主人公は、妻から深く愛されており、その愛が彼を苦しめることもあります。しかし、最終的には、彼は妻の愛を受け入れ、その愛に支えられて新しい人生を歩み始めます。この作品は、愛されることは時に重く、人を苦しめることもあるが、それでも愛されることはかけがえのないものであるということを教えてくれます。

小説の読みどころ

小説の読みどころ

小説の魅力の一つは、登場人物たちの心情を丁寧に描いていることです。主人公の愛の重さを感じさせるシーンは、特に印象的です。たとえば、主人公が愛する人のために、自分の命を懸けてでも守ろうとするシーンがあります。このシーンでは、主人公の愛の重さが痛いほど伝わってきます。また、主人公が愛する人に裏切られてしまうシーンもあります。このシーンでは、主人公の愛の重さが虚しさへと変わっていく様が描かれています。このように、小説ではさまざまな角度から愛の重さが描かれています。

小説のもう一つの魅力は、登場人物たちの成長を描いていることです。主人公は、最初は愛の重さに押しつぶされそうになりますが、次第にそれを受け入れ、乗り越えていきます。この過程で、主人公は人間として成長していきます。また、主人公を取り巻く人々も、主人公の成長に影響を与えます。主人公の愛する人は、主人公に愛の重さを教えてくれます。主人公の親友は、主人公が愛の重さに押しつぶされそうになったとき、助けの手を差し伸べてくれます。このように、小説ではさまざまな登場人物たちの成長を描いています。

タイトルとURLをコピーしました