つくもがみ貸します

スポンサーリンク

つくもがみ貸します

つくもがみ貸しますとは。

江戸の片隅に「出雲屋」という古道具屋があります。そこで貸し出された古道具たちは、長い年月をかけてつくもがみという妖怪になっています。彼らは貸し出された先でさまざまな騒動を引き起こし、その顛末は温かく描かれています。

この小説は2007年に刊行され、2018年にはNHKでテレビアニメ化されました。

つくもがみってどんな妖怪?

つくもがみってどんな妖怪?

つくもがみってどんな妖怪?

つくもがみとは、古道具や古道具に宿る妖怪のことです。その名の由来は「つくる」と「かたち」「もの」が合わさったものだといわれています。つくもがみは日本各地に伝承されており、その姿形はさまざまです。中には、人間の形をしているものもいますが、ほとんどの場合は、その古道具の形のままの姿をしています。つくもがみは、一般的に悪霊とされており、人に危害を加えることがありますが、中には、人に福をもたらすつくもがみもいます。

出雲屋の店主とつくもがみたち

出雲屋の店主とつくもがみたち

「出雲屋の店主とつくもがみたち」

古びた町並みに佇む「出雲屋」は、つくもがみ貸し出し専門の店である。 店主の出雲屋宗介は、人並み外れた霊力が強く、生粋のつくもがみ使い。 代々続く「出雲屋」の血筋を受け継ぎ、幼い頃からつくもがみと関わって育ってきた。 宗介は、つくもがみたちの心の奥底にある想いや願いを汲み取り、彼らに寄り添いながら、困っている人々に力を貸している。

出雲屋には、さまざまなつくもがみたちが集まっている。 傘の化身である「雨音」は、出雲屋にやってくる依頼者たちに寄り添う。 茶碗の化身である「茶々丸」は、出雲屋を訪れる人々にお茶を振る舞う。 硯の化身である「墨之介」は、出雲屋で日々、手紙や書類を書き記している。 そして、刀の化身である「鬼丸」は、主である宗介を常に護り、彼の強い味方となっている。

出雲屋は、人間とつくもがみが共存する、不思議な場所である。 宗介とつくもがみたちは、互いに支え合いながら、人々に寄り添い、彼らの願いを叶えるために尽力している。

つくもがみたちが巻き起こす騒動

つくもがみたちが巻き起こす騒動

「つくもがみたちが巻き起こす騒動」

つくもがみたちは、それぞれに個性があり、さまざまな騒動を巻き起こします。たとえば、片目のカラス天狗はいたずら好きで、よく人々を困らせます。また、口が達者な狸は、人々を騙して金品を奪うこともあります。さらに、のんびり屋の河童は、よく物を無くしたり壊したりして、人々を困らせてしまいます。

つくもがみたちが巻き起こす騒動は、人々を困らせるだけでなく、笑いと感動を与えることもあります。たとえば、ある日、カラス天狗はいたずらのつもりで、ある家の屋根の上から瓦を落としてしまいました。すると、瓦はたまたま通りかかった人の頭に当たってしまいました。その人は怒ってカラス天狗を叱りましたが、カラス天狗は「ごめんなさい」と素直に謝って、その人の頭をなでてくれました。その人はカラス天狗の態度を見て、怒りを解いて笑ってしまいました。

また、ある日、狸は人々を騙して金品を奪ってしまいました。しかし、狸は奪った金品を貧しい人に施しました。そのため、人々は狸の行為を許し、狸は改心して人々に尽くすようになりました。

つくもがみたちは、人々に騒動を与えながらも、人々に笑いと感動を与えてくれます。つくもがみたちは、人々の生活に欠かせない存在なのです。

タイトルとURLをコピーしました