アパッチ・デビル:エドガー・ライス・バロウズの冒険小説

スポンサーリンク

アパッチ・デビル:エドガー・ライス・バロウズの冒険小説

アパッチ・デビルとは。

「アパッチ・デビル」とは、エドガー・ライス・バロウズが1933年に執筆した冒険小説であり、「アパッチ」シリーズの一作品である。

アパッチ・シリーズの魅力

アパッチ・シリーズの魅力

アパッチ・シリーズの魅力

アパッチ・シリーズは、エドガー・ライス・バロウズが1931年から1937年にかけて発表した冒険小説シリーズです。舞台は、19世紀末のアリゾナ州。主人公は、アパッチ族の勇敢な戦士、アパッチ・デビルです。アパッチ・デビルは、白人との戦いで捕らえられ、処刑されそうになりますが、脱走に成功します。その後、アパッチ族の指導者となり、白人との戦いを続けます。

アパッチ・シリーズの魅力は何といっても、主人公のアパッチ・デビルのキャラクターです。アパッチ・デビルは、勇敢で強く、そして聡明な戦士です。また、アパッチ族の伝統を重んじ、白人に対して敵意を持っています。しかし、アパッチ・デビルは決して残忍ではなく、白人に対して慈悲を示すこともあります。このような複雑なキャラクター設定が、アパッチ・デビルの魅力となっています。

アパッチ・シリーズのもう一つの魅力は、その西部劇的なストーリーです。アパッチ・デビルは、白人との戦いで数々の困難に直面しますが、その度に知恵と勇気で乗り越えていきます。また、アパッチ・シリーズには、恋愛や友情といった人間ドラマも描かれています。これらの要素が、アパッチ・シリーズを飽きさせないものにし、読者を最後まで引き付けます。

アパッチ・デビルのあらすじ

アパッチ・デビルのあらすじ

アパッチ・デビルは、エドガー・ライス・バロウズが1933年に出版した冒険小説です。ストーリーは、南西部を舞台にしています。主人公は、アパッチ族に育てられた白人の青年、ジョン・カルテスです。カルテスは、アパッチ族の酋長の一人娘、ロザムンドと恋に落ちますが、二人の愛はアパッチ族と白人の間の戦争によって引き裂かれそうになります。

カルテスは、ロザムンドを救うためにアパッチ族と白人の間の戦争を止めようと決意します。彼は、両方の陣営の指導者と交渉し、ついに戦争を終わらせることに成功します。しかし、戦争が終わった後もカルテスは、アパッチ族と白人の間の溝を埋めるために努力を続けます。

アパッチ・デビルは、エドガー・ライス・バロウズの代表作の一つであり、世界中で愛されています。この小説は、アパッチ族の文化や白人とアパッチ族の関係について学ぶことができる貴重な資料でもあります。

アパッチ・デビルの登場人物

アパッチ・デビルの登場人物

アパッチ・デビルの登場人物

エドガー・ライス・バロウズの冒険小説「アパッチ・デビル」に登場するキャラクターたちは、それぞれが個性的で魅力的である。主人公のデビッド・インガムは、アパッチ族に育てられた白人青年である。彼は、アパッチの戦士としての誇りと、白人としての教養を併せ持つ複雑なキャラクターである。インガムの恋人であるメイベル・カーは、インガムと同じく白人だが、アパッチ族に捕らわれて育ったという点でインガムとは異なる。彼女は、インガムとアパッチ族の間の架け橋となる存在である。インガムの育ての親であるナパジョは、アパッチ族の族長であり、インガムにアパッチの戦士としての生き方を教えた。彼は、インガムにとって父親のような存在である。インガムの敵役であるレッド・シャドウは、アパッチ族の反逆者であり、インガムを殺害しようとする。彼は、インガムにとって最大の脅威である。これらのキャラクターたちは、それぞれが独自の個性を持っており、物語の中で重要な役割を果たしている。

タイトルとURLをコピーしました