クイーン・メリー号襲撃 – 米国作家ジャック・フィニイの犯罪小説と1966年製作のアメリカ映画

スポンサーリンク

クイーン・メリー号襲撃 – 米国作家ジャック・フィニイの犯罪小説と1966年製作のアメリカ映画

クイーン・メリー号襲撃とは。

クイーン・メリー号襲撃とは、以下の2つの意味があります。

1. ジャック・フィニイが1959年に執筆した米国犯罪小説。原題は《Assault on a Queen》です。

2. 1. を原作とした、1966年製作の米国映画。原題は《Assault on a Queen》です。監督はジャック・ドノヒューで、フランク・シナトラ、ビルナ・リージ、トニー・フランシオサ、リチャード・コンテが出演しています。

クイーン・メリー号襲撃 – ストーリーとキャラクター

クイーン・メリー号襲撃 - ストーリーとキャラクター

ストーリーとキャラクター

クイーン・メリー号襲撃は、1966年公開のアメリカ映画です。この映画は、ジャック・フィニイが1960年に発表した小説「5人の乗客」を原作としています。この映画は、豪華客船クイーン・メリー号が、乗客を人質にとった犯罪者のグループによって襲撃されるというものです。

この映画の主人公は、クイーン・メリー号の船長であるハロラン船長です。ハロラン船長は、犯罪者のグループと交渉を行い、乗客を安全に解放しようと奮闘します。この映画には、他にも、クイーン・メリー号の乗客である女性記者キャロル、犯罪者のグループのリーダーであるライアン、ライアンの部下であるニック、ハリー、リッチーなどのキャラクターが登場します。

この映画は、サスペンスとアクションに満ちた展開で、観客を飽きさせません。また、ハロラン船長とライアンの対決シーンは、映画史に残る名シーンの一つとして知られています。

クイーン・メリー号襲撃 – 小説と映画の違い

クイーン・メリー号襲撃 - 小説と映画の違い

クイーン・メリー号襲撃は、1966年に制作されたアメリカ映画です。この映画は、ジャック・フィニイの小説「襲撃」を原作としています。小説と映画は、どちらもクイーン・メリー号を舞台にした犯罪小説ですが、いくつかの違いがあります。

小説では、クイーン・メリー号はニューヨークからロンドンに向かう途中で襲撃されます。襲撃者は、船の乗客や乗組員を人質にとり、身代金を要求します。映画では、クイーン・メリー号はロンドンからニューヨークに向かう途中で襲撃されます。襲撃者は、船の乗客や乗組員を人質にとり、核兵器を発射すると脅迫します。

小説と映画のもう一つの違いは、襲撃者の正体です。小説では、襲撃者は国際的な犯罪組織のメンバーです。映画では、襲撃者は政府の機関員です。

小説と映画の両方の作品は、サスペンスとアクションに満ちたスリリングな作品です。しかし、小説と映画では、クイーン・メリー号襲撃の経緯や襲撃者の正体が異なります。そのため、小説と映画はそれぞれ違った面白さがあり、どちらも楽しめる作品です。

クイーン・メリー号襲撃 – 映像化された名作小説

クイーン・メリー号襲撃 - 映像化された名作小説

クイーン・メリー号襲撃 – 映像化された名作小説

ジャック・フィニイによる同名小説を原作にした映画「クイーン・メリー号襲撃」は、1966年に公開されたアメリカ映画です。この映画は、豪華客船クイーン・メリー号を舞台に、イギリスの秘密諜報機関MI6のスパイであるジョン・フィールディングが、ナチスのスパイが船内に持ち込んだ核爆弾を阻止するために奮闘する物語です。

この映画は、そのスリリングな展開と、豪華客船クイーン・メリー号の美しい映像で、公開当時大ヒットしました。また、ジョン・フィールディングを演じたリチャード・ウィドマークの演技も高く評価されました。

「クイーン・メリー号襲撃」は、現在でも世界中の映画ファンに愛されている名作であり、ジャック・フィニイの小説とともに、多くの人々に読み継がれています。

タイトルとURLをコピーしました