目覚めれば、真夜中 ― 赤川次郎の長編ミステリー

スポンサーリンク

目覚めれば、真夜中 ― 赤川次郎の長編ミステリー

目ざめれば、真夜中とは。

赤川次郎の小説「目ざめれば、真夜中」は、2004年に出版された長編ミステリー作品である。

あらすじ

あらすじ

ある夜、出版社の校正担当者である水野由紀子は、いつものように会社の残業をしていた。やがて夜の12時を過ぎ、あたりが静まり返った頃、突然、彼女の部屋の電話が鳴り出した。電話の向こうから聞こえてきたのは、彼女の名前を呼ぶ不気味な男の声だった。

水野は恐怖に襲われながら、電話を切ったが、すぐにまた電話が鳴り出した。今度は、男の声はさらに強く、彼女を脅迫するような言葉を口にしていた。水野は、なんとか電話を切ることに成功したが、その後も男からの電話は何度も続き、彼女の生活は恐怖に支配されていった。

そんなある日、水野は出版社の社長である高杉に相談した。高杉は、彼女に警察に相談するようアドバイスし、水野は早速、警察に被害届を提出した。しかし、警察は、彼女の訴えをまともに取り合ってくれず、捜査はなかなか進展しなかった。

水野は、警察に頼るだけでは埒が明かないと思い、自ら男の正体を突き止めようと決意した。彼女は、男からの電話を録音し、その声を分析した結果、男が彼女の会社の社員であることを突き止めた。

水野は、その社員を問い詰めたが、彼は一切の犯行を否認した。しかし、水野は彼の犯行を確信しており、社長の高杉にそのことを報告した。高杉は、その社員を厳しく追及し、ついに彼は犯行を自供した。

男は、水野に片思いしており、彼女を脅迫することで、彼女に自分の存在を意識してもらおうとしていたのだ。彼は、自分の犯した罪を深く反省し、警察に逮捕された。

水野は、男の逮捕によってようやく恐怖から解放され、平穏な生活を取り戻した。

登場人物

登場人物

-登場人物-

赤川次郎の長編ミステリー「目覚めれば、真夜中」には、魅力的で多様な登場人物が登場します。主人公は、大手銀行に勤務する押見勇介。彼は、ある日突然、真夜中に目を覚まし、自分が密室に閉じ込められていることに気づきます。勇介は、脱出しようと奮闘しますが、密室は厳重に施錠されており、外に出ることはできません。勇介は、密室に閉じ込められた理由を突き止めるために、必死に調査を始めます。

勇介の調査を手伝うのは、彼の同僚である石田美奈子です。美奈子は、頭脳明晰で行動力のある女性。彼女は、勇介と共に、密室に閉じ込められた理由を突き止めようと奮闘します。勇介と美奈子は、調査を進めるうちに、さまざまな人物と出会います。

その中には、勇介の銀行の上司である大貫課長も含まれています。大貫課長は、冷酷で傲慢な性格の持ち主。彼は、勇介と美奈子を敵視しており、彼らの調査を妨害しようとします。勇介と美奈子は、大貫課長の妨害に遭いながらも、調査を進めます。そして、ついに、密室に閉じ込められた理由を突き止めることに成功します。

「目覚めれば、真夜中」に登場する人物たちは、それぞれが個性豊かで魅力的です。読者は、彼らと一緒に謎を解く楽しみを味わうことができます。

映像化

映像化

映像化

赤川次郎の『目覚めれば、真夜中』は、何度も映像化されている。最初に映像化されたのは、1987年のNHKドラマで、主演は村田雄浩。続いて、1995年に、フジテレビでドラマスペシャルとして放送され、主演は吉田栄作。さらに、2003年には、テレビ朝日で、主演は玉木宏が務めた。

2010年には、映画化され、主演は生田斗真。同作は、興行収入10億円を超えるヒット作となった。また、2015年には、再びテレビ朝日でドラマスペシャルとして、主演は藤ヶ谷太輔が、放送された。

『目覚めれば、真夜中』は、そのスリリングな展開と意外な結末で、多くの読者から愛されている作品です。映像化されることで、その魅力をより多くの人々に伝えることができます。

タイトルとURLをコピーしました