君が想い出になる前にについて

スポンサーリンク

君が想い出になる前にについて

君が想い出になる前にとは。

「君が想い出になる前に」は、2004年7月から9月までフジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマです。全11回で、観月ありさ、椎名桔平、加藤あい、玉山鉄二が出演しました。

あらすじ

あらすじ

「君が想い出になる前に」は、2015年に公開された日本の恋愛映画です。小坂流加の同名小説を原作としており、廣木隆一監督がメガホンを取りました。主演を務めたのは、Hey! Say! Jumpの山田涼介と、有村架純です。

物語は、主人公の大学生・高木裕也(山田涼介)が、同じ大学に通う大学の先輩である藤井美菜(有村架純)と出会うことから始まります。美菜は、裕也と同じくカメラ好きで、裕也は美菜に惹かれていきます。しかし、美菜は裕也の想いに応えられずにいます。美菜には、幼い頃からずっと想いを寄せてきた先輩、関口賢人(三浦貴大)がいました。

裕也は、美菜の想いを叶えるために、賢人に美菜の気持ちを伝えます。しかし、賢人は美菜の気持ちを拒絶します。裕也は、美菜の傷ついた心を癒すために、美菜とカメラ旅行に出かけます。裕也と美菜は、カメラ旅行を通して互いのことを理解し合い、次第に距離を縮めていきます。

しかし、美菜の病気が発覚し、裕也と美菜の幸せな時間は終わりを迎えます。美菜は、裕也に看取られながら、この世を去ります。裕也は、美菜の死を悼みながら、美菜との思い出を胸に生きていきます。

キャスト

キャスト

-キャスト-

本作の主演を務めるのは、数々の映画やドラマで活躍している俳優、山田太郎だ。山田は、本作で主人公の青年、田中一郎を演じる。田中一郎は、大学を卒業後、地元の会社に就職し、平凡な日々を送っている。しかし、ある日、田中一郎は、一人の女性、佐藤花子と出会う。佐藤花子は、田中一郎と同じ大学に通っていた先輩で、田中一郎は、佐藤花子に一目惚れをする。

佐藤花子は、田中一郎の想いに応え、二人は付き合い始める。しかし、二人はすぐに破局を迎える。田中一郎は、佐藤花子のことを忘れられずに苦悩する。そんな田中一郎の前に、佐藤花子の親友である鈴木美咲が現れる。

鈴木美咲は、田中一郎に、佐藤花子が田中一郎のことを今も想っていることを伝える。田中一郎は、佐藤花子のことを再び想うようになり、二人はよりを戻す。しかし、二人は再び破局を迎える。田中一郎は、佐藤花子のことを諦めようとするが、鈴木美咲の励ましもあり、佐藤花子を取り戻すために奮闘する。

田中一郎と佐藤花子の恋の行方は、果たしてどうなるのか。本作は、二人の恋の物語を丁寧に描き出した感動作である。

見どころ

見どころ

-見どころ-

「君が想い出になる前に」は見どころの多い映画です。まず、なんといっても主演の2人、岡田将生さんと有村架純さんの演技が見事です。岡田将生さんは、クールで無愛想な天才ギタリストを、有村架純さんは、明るく前向きな女子高生を、それぞれ熱演しています。2人の息の合った掛け合いは、見ていてとても心地よく、映画にぐっと引き込まれます。

また、本作の音楽にも注目です。岡田将生さんが演じる天才ギタリストが奏でるギターの音色は、とても美しく、聴いているだけで心が癒されます。また、劇中で流れる楽曲も、どれも名曲ぞろいで、映画の感動をさらに盛り上げてくれます。

そして、本作のストーリーもとても感動的です。天才ギタリストと女子高生という、一見すると正反対の2人が、音楽を通して次第に心を通わせていく姿は、見ているだけで胸が温かくなります。また、2人が音楽を通じて成長していく姿も、とても見応えがあります。

「君が想い出になる前に」は、音楽、ストーリー、演技、すべてが揃った、とても素晴らしい映画です。ぜひ、劇場でご覧になってください。

タイトルとURLをコピーしました