ポセイドン・アドベンチャーの舞台裏

スポンサーリンク

ポセイドン・アドベンチャーの舞台裏

ポセイドン・アドベンチャーとは。

ポセイドン・アドベンチャーとは、1972年にアメリカで作られた映画です。原題は《The Poseidon Adventure》です。ポール・ギャリコの同名のパニック小説を映画化しました。監督はロナルド・ニーム、主演はジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、シェリー・ウィンターズなどです。第45回のアメリカアカデミー賞で歌曲賞(「モーニング・アフター」)を受賞しました。1979年に続編が、2006年にリメイク版が作られました。

監督とキャストの苦労

監督とキャストの苦労

監督とキャストの苦労

ポセイドン・アドベンチャーの脚本は、当初、20世紀フォックスの幹部たちに酷評された。彼らは、それが「ばかげている」とか「観客が退屈するだろう」などと言った。しかし、プロデューサーのアーウィン・アレンは、この脚本に可能性を見出し、映画化を決意した。

監督には、ロン・ハワードが抜擢された。ハワードは、それまでテレビドラマを何本か監督していたが、長編映画を監督するのはこれが初めてだった。彼は、この脚本を気に入り、自分ならこの映画を成功させることができると確信していた。

しかし、映画の撮影は最初から最後までトラブル続きだった。まずは、予算が限られていたため、撮影には十分な時間が取れなかった。また、撮影中にハリケーンが襲来し、撮影は中断せざるを得なかった。さらに、撮影中に何人かのキャストが負傷し、そのうちの1人は死亡してしまった。

監督のハワードは、これらのトラブルにめげずに粘り強く撮影を続けた。そして、ついに映画は完成した。映画は、公開されると大ヒットし、批評家からも賞賛された。ハワードの監督手腕は高く評価され、彼は一躍有名監督の仲間入りを果たした。

映画撮影の舞台裏

映画撮影の舞台裏

映画撮影の舞台裏

ポセイドン・アドベンチャーの撮影は、1971年にロサンゼルスのスタジオで開始されました。セットは、実際の豪華客船をモデルに作られ、船の内部は、豪華なレストラン、バー、客室、プールなど、実際の客船とほとんど同じように再現されました。

映画の撮影は、実際の船を使用したわけではなく、セットの中で行われました。セットは、巨大なスタジオの中に作られ、船の内部は、実際の客船とほとんど同じように再現されました。映画の撮影は、主に、船の内部で行われ、船の外でのシーンは、スタジオの外で撮影されました。

映画の撮影は、困難を極めました。セットは、非常に大きく、俳優たちは、セットの中で、長時間、撮影しなければなりませんでした。また、俳優たちは、船が沈没するシーンでは、水に浸かったり、火に囲まれたりしなければなりませんでした。しかし、俳優たちは、困難を乗り越えて、映画を完成させました。

映画の公開と評価

映画の公開と評価

「ポセイドン・アドベンチャー」は1972年に公開されたアメリカの映画で、ポール・ギャリコの1969年の小説「ポセイドン・アドベンチャー」を基に製作されました。映画は大ヒットを記録し、アカデミー賞8部門にノミネートされ、2部門(視覚効果、音響)を受賞しました。

批評家の反応は概ね好評で、映画の特殊効果、キャストの演技、サスペンスに満ちたストーリーを賞賛するレビューが多数寄せられました。しかし、映画のストーリーは陳腐で非現実的であると批判する批評家もいました。

観客からの反応も好評で、映画は大ヒット作となりました。映画は公開初週末に1,000万ドル以上の興行収入を記録し、最終的には1億ドル以上の興行収入を上げました。映画の成功により、1979年に公開された続編「ポセイドン・アドベンチャー2」が製作されました。

「ポセイドン・アドベンチャー」は、1970年代を代表する災害パニック映画の傑作として今日でも人気があります。映画の特殊効果は当時としては画期的であり、キャストの演技も素晴らしいです。映画は、サスペンスに満ちたストーリー展開で、観客を最後まで楽しませてくれます。

タイトルとURLをコピーしました