「ア・ブローイング・セッション」このアルバムの魅力

スポンサーリンク

「ア・ブローイング・セッション」このアルバムの魅力

ア・ブローイング・セッションとは。

「ア・ブローイング・セッション」は、1957年にサックス奏者ジョニー・グリフィンが録音したジャズ・アルバムです。アルバムには当時のハード・バップの代表的なテナー奏者3人が参加しており、彼らの熱い掛け合いが収録されています。

ハード・バップの代表的テナー奏者3人によるブロウ・セッション

ハード・バップの代表的テナー奏者3人によるブロウ・セッション

ハード・バップの代表的テナー奏者3人によるブロウ・セッション

このアルバムの魅力は、なんといってもハード・バップを代表するテナー奏者3人によるブロウ・セッションにあります。ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン、セロニアス・モンクが顔をそろえたこのセッションは、まさに伝説と呼ぶにふさわしいものです。3人がそれぞれに個性を発揮しながらも、息の合った演奏を繰り広げており、その熱量は聴く者を圧倒します。

中でも注目すべきはソニー・ロリンズのプレイです。ロリンズは、このアルバムでハード・バップの真骨頂ともいえる激しいブロウを披露しています。彼の力強い音色は、まるで嵐のようであり、聴く者を一気に音の世界へと引き込みます。

ジョン・コルトレーンは、このアルバムでより抒情的な演奏を披露しています。彼の柔らかな音色は、ロリンズの激しいブロウとの対比をなしており、アルバムに深みを与えています。

セロニアス・モンクは、このアルバムでピアノを担当しています。モンクの独特のタッチは、3人のテナー奏者の演奏をしっかりと支えており、アルバム全体に統一感をもたらしています。

このアルバムは、ハード・バップを代表するテナー奏者3人によるブロウ・セッションであり、まさに伝説と呼ぶにふさわしい名盤です。3人のテナー奏者の熱のこもった演奏は、聴く者を圧倒し、その音の世界に引き込んでいきます。

ジャズ・ファンに愛され続ける名盤

ジャズ・ファンに愛され続ける名盤

「ジャズ・ファンに愛され続ける名盤」

「ア・ブローイング・セッション」は、1957年に録音されたアート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズのアルバムである。このアルバムは、ブレイキーのバンド史上最も有名なラインナップの1つをフィーチャーしており、トランペットにリー・モーガン、テナーサックスにウェイン・ショーター、ピアノにボビー・ティモンズ、ベースにJ・R・モンテローズが参加している。

このアルバムは、ジャズ・ファンに愛され続ける名盤であり、ブレイキーのバンドのベストパフォーマンスの1つと考えられている。アルバムのハイライトは、ブレイキーのハードバップ・ドラムとモーガンの燃えるようなトランペットをフィーチャーしたタイトル曲である。この曲は、ブレイキーのバンドが最も得意とするスウィンギーでブルージーなスタイルを完璧に表現している。

アルバムの他のハイライトには、ショーターのテナーサックスがフィーチャーされた「モーニン」と、ティモンズのピアノがフィーチャーされた「ディープ・ソング」が含まれる。この2曲は、ブレイキーのバンドの多才さを示しており、ハードバップだけでなく、バラードやブルースなど幅広いスタイルを演奏できることを証明している。

「ア・ブローイング・セッション」は、ジャズ・ファンにとって必携のアルバムであり、ブレイキーのバンドのベストパフォーマンスの1つである。このアルバムは、ブレイキーのハードバップ・ドラムとモーガンの燃えるようなトランペットをフィーチャーしたタイトル曲で始まり、ショーターのテナーサックスがフィーチャーされた「モーニン」と、ティモンズのピアノがフィーチャーされた「ディープ・ソング」など、多くのハイライトが含まれている。

ジャズの歴史に残る名演

ジャズの歴史に残る名演

「ジャズの歴史に残る名演」

「ア・ブローイング・セッション」は、1954年にマイルス・デイビスが率いるクインテットによって録音されたライブ・アルバムである。このアルバムは、デイビスのトランペット、ジョン・コルトレーンのテナーサックス、レニー・トリスターノのピアノ、チャールズ・ミンガスのベース、マックス・ローチのドラムスという、史上最も偉大なジャズ・ミュージシャンたちによる演奏が収録されており、ジャズの歴史に残る名演として広く知られている。

このアルバムの魅力の一つは、デイビスとコルトレーンのソロ演奏の素晴らしさである。デイビスは、彼のトレードマークであるミュートされたトランペットの音色で、美しいメロディーとエモーショナルなアドリブを披露している。コルトレーンは、彼の力強いテナーサックスの音色で、エネルギッシュで革新的なアドリブを披露している。二人のソロ演奏は、互いに刺激し合い、素晴らしい音楽を生み出している。

このアルバムの魅力のもう一つの点は、トリスターノ、ミンガス、ローチのリズムセクションの演奏の素晴らしさである。トリスターノは、彼の繊細なタッチと美しいハーモニーで、デイビスとコルトレーンのソロ演奏を支えている。ミンガスは、彼の力強いベースの音色で、バンドにグルーヴ感を与えている。ローチは、彼のダイナミックなドラムスで、バンドをドライブしている。

「ア・ブローイング・セッション」は、ジャズの歴史に残る名演であり、ジャズ・ファンにとって必聴のアルバムである。このアルバムは、デイビス、コルトレーン、トリスターノ、ミンガス、ローチという、史上最も偉大なジャズ・ミュージシャンたちの演奏を収録しており、彼らの素晴らしい音楽を堪能することができる。

タイトルとURLをコピーしました