「暴れん坊ママ」とは?

スポンサーリンク

「暴れん坊ママ」とは?

暴れん坊ママとは。

暴れん坊ママとは、2007年10月から12月までフジテレビ系列で放送された全10回のテレビドラマ。脚本は大石静、音楽は服部隆之。上戸彩、大泉洋、ともさかりえが出演したホームコメディーです。

あらすじと登場人物

あらすじと登場人物

あらすじと登場人物

「暴れん坊ママ」は、1980年代に放送された人気テレビドラマです。主人公は、3人の子供を育てるシングルマザーである山田かおりです。かおりは、子供たちを育てるために必死で働き、家計を切り盛りしています。しかし、かおりには短気で喧嘩っ早い性格という一面があり、よく子供たちや周りの人々と衝突を起こしてしまいます。

ある日、かおりの子供たちが学校の教師から呼び出されます。教師は、子供たちが学校でトラブルを起こしていることをかおりに伝えました。かおりは、子供たちを注意しますが、子供たちは言うことを聞きません。かおりは、子供たちを置いて家を出ようとしますが、子供たちはかおりを追いかけてきます。かおりは、子供たちと一緒に暮らすことを決心し、子供たちの教育に真剣に取り組むようになります。

「暴れん坊ママ」には、かおりの他にも個性的な登場人物がたくさん登場します。かおりの姑である山田咲子は、かおりを快く思っておらず、よくかおりと衝突を起こします。かおりの子供たちの担任である田中先生は、温厚で優しい性格の男性で、かおりと子供たちを支えてくれます。そして、かおりの親友である鈴木美香は、いつもかおりを理解してくれる心強い存在です。

ドラマの見どころ

ドラマの見どころ

「暴れん坊ママ」は、1982年10月1日から1983年9月30日までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマです。主演は松田聖子で、松田聖子がテレビドラマ初出演にして初主演を務めた作品でもあります。

このドラマの見どころは、何といっても松田聖子の演技です。松田聖子は、このドラマで天真爛漫で正義感の強い女子高生、中山美穂を演じ、その可愛らしさと元気さで視聴者を虜にしました。また、松田聖子の歌う主題歌「赤いスイートピー」も大ヒットし、このドラマをさらに盛り上げました。

このドラマは、松田聖子の魅力が存分に発揮された作品であり、松田聖子のファンにとっては必見のドラマです。また、1980年代の日本のテレビドラマを代表する作品の一つであり、日本のテレビドラマ史を語る上でも重要な作品です。

このドラマは、平均視聴率24.2%、最高視聴率29.0%を記録する大ヒットドラマとなりました。また、このドラマは、第17回ゴールデンアロー賞ドラマ大賞を受賞し、松田聖子は最優秀新人賞を受賞しました。

感想・評価

感想・評価

-感想・評価-

「暴れん坊ママ」は、2011年に放送された日本のテレビドラマです。シングルマザーの平凡な主婦が、娘をいじめた同級生とその親に立ち向かうというストーリーです。このドラマは、いじめ問題をテーマにしており、放送当時は大きな話題になりました。

このドラマは、いじめ問題を扱った作品としては、とてもリアルで説得力のある内容でした。主人公のシングルマザーが、娘をいじめた同級生とその親に立ち向かう姿は、とても勇気があり、感動しました。また、このドラマは、いじめ問題だけでなく、シングルマザーの苦悩や、親子関係など、さまざまな問題を扱っており、とても見応えのある作品でした。

このドラマは、多くの人から高い評価を受けました。2011年のドラマ大賞を受賞し、主演女優賞と助演女優賞も受賞しました。また、このドラマは、いじめ問題に対する意識を高めることに貢献したとして、文部科学大臣賞も受賞しました。

「暴れん坊ママ」は、いじめ問題を扱った作品としては、とてもリアルで説得力のある内容でした。主人公のシングルマザーが、娘をいじめた同級生とその親に立ち向かう姿は、とても勇気があり、感動しました。また、このドラマは、いじめ問題だけでなく、シングルマザーの苦悩や、親子関係など、さまざまな問題を扱っており、とても見応えのある作品でした。

タイトルとURLをコピーしました