「網走番外地 南国の対決」の登場人物やストーリー

スポンサーリンク

「網走番外地 南国の対決」の登場人物やストーリー

網走番外地 南国の対決とは。

「網走番外地 南国の対決」は、1966年に公開された日本映画です。石井輝男が監督、伊藤一の小説『網走番外地』が原案、石井輝男が脚本、稲田喜一が撮影を担当しました。高倉健、千葉真一、町田政則、吉田輝雄、嵐寛寿郎、田中邦衛、由利徹などが出演しており、ヤクザ映画「網走番外地」シリーズのひとつです。

物語の舞台である南方の島々

物語の舞台である南方の島々

物語の舞台である南方の島々は、緑豊かなジャングルに覆われた美しい場所です。そこに住む人々は、のんびりとした性格で、自然と調和した暮らしを送っています。しかし、この平和な島々にも、暗黒の影が忍び寄っていました。麻薬密売組織が、この島々を拠点に、麻薬の密売を行っていたのです。

ある日、麻薬密売組織のボスである黒田が、島の有力者である村長を殺害しました。この事件をきっかけに、島の住民たちは、麻薬密売組織に対して立ち上がりました。そして、麻薬密売組織を壊滅させるために、網走番外地からやって来た主人公の竜崎健治と、島の住民たちが協力することになりました。

竜崎健治と島の住民たちは、麻薬密売組織の拠点である島に乗り込み、麻薬密売組織のメンバーたちと激しい戦いを繰り広げました。そして、ついに麻薬密売組織のボスである黒田を倒し、麻薬密売組織を壊滅させることに成功しました。

麻薬密売組織が壊滅したことで、島の平和は取り戻されました。島の住民たちは、竜崎健治と島の住民たちに感謝し、竜崎健治は、島の英雄として迎えられました。

高倉健演じる主人公・松田純二の人物像

高倉健演じる主人公・松田純二の人物像

「網走番外地 南国の対決」の主人公である松田純二は、高倉健が演じる。彼は、網走刑務所に収監されていた元ヤクザであり、出所後は堅実に生きることを決意する。しかし、彼の過去のヤクザ仲間である権田組と、沖縄で暗躍する金城組の抗争に巻き込まれ、またしても暴力の世界に戻っていく。

松田純二は、男気があり、恩義に厚い人物である。彼は、自分を助けてくれた人々を大切にし、決して裏切らない。また、強くてたくましい一面を持ち、いざという時には暴力に訴えることも辞さない。しかし、その一方では、情に厚く、仲間を大切にする心優しい一面も持ち合わせている。

松田純二は、高倉健が演じることで、さらに魅力的なキャラクターになっている。高倉健の渋い演技と、松田純二の男気溢れる生きざまが相まって、観客の心を惹きつける。

松田純二は、網走番外地シリーズの中でも特に人気の高いキャラクターであり、映画化された際には、高倉健の当たり役となった。また、テレビドラマ化された際にも、松田純二役を演じた俳優が絶賛されるなど、多くの人々に愛されている。

千葉真一演じる悪役・大沢丈治の人物像

千葉真一演じる悪役・大沢丈治の人物像

-千葉真一演じる悪役・大沢丈治の人物像-

大沢丈治は、千葉真一が演じる悪役です。丈治は、網走刑務所から出所した後、沖縄の那覇にやって来ます。そして、そこで金目当てで若い女を次々と騙し殺すという恐ろしい犯罪を犯します。丈治は、映画の中で「人間のクズ」とまで言われるほど残忍なキャラクターです。

丈治は、非常に頭が切れる男です。彼は、警察に捕まらないようにするため、常に周りを警戒しています。また、彼は自分の目的を達成するためには手段を選ばない冷酷な男でもあります。丈治は、映画の中で「地獄の死神」とまで呼ばれるほど恐ろしい存在です。

丈治は、千葉真一が演じる悪役の中でも特に印象に残るキャラクターです。千葉真一は、丈治の残忍さと冷酷さを巧みに演じており、観客に強いインパクトを与えています。丈治は、日本の映画史に残る悪役として、これからも長く語り継がれていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました